ネット・PC

児童ポルノを無断でスマホにダウンロードして持ち主を恐喝するマルウェアが蔓延中


「コンピューターウィルス」というとデータを破壊したり、不可解な動作をしたりというイメージですが、最近は「ランサムウェア」と呼ばれる類の、持ち主を脅迫するタイプのものが蔓延しているようです。

感染経路は不明ですが、いったん発動すると 携帯電話をロックして操作不能にした後「この端末内に不適切なポルノコンテンツを発見した。私達は500ドルでこの問題を解決することができる」的なメッセージを表示するそうです。

こうした、いわば「人質」をとって身代金を要求するようなウィルス/マルウェアを「ランサム(身代金)ウェア」と呼びます。人質の取り方は昔から色々なものがあるのですが、スマートフォンは使用者のプライベートな情報を大量に保存しているだけに、その脅威は非常に大きなものがあります。セキュリティの設定を見直す必要がありそうです。

蔓延を報じるニュース動画はこちらから
WJHL.com

ソース:Cell Phone Scam Bribes Victims Using Child Pornography – WJHL.com

関連記事

脱いだらえらくいいものを持っていたブロンド幼女の写真 - DNA

[字幕動画]3DCGの少女にビデオチャットをさせてロリコンどもを釣り上げるNGOがある - DNA

「ロリコン性犯罪者がここに住んでいます」という警察が設置した看板が物議をかもす - DNA

「マンガと児童性的虐待の因果関係は立証できない」とデンマークで報告 - DNA

カソリックの神父、少年のポルノ画像5000枚を所有・職場で閲覧して逮捕 - DNA

「Googleで最も不愉快な仕事」は正社員ではなく契約社員が行っている - DNA

人によってはどうしようもなく興奮が止まらなくなる、全くエロくない「◯◯ポルノ」写真22枚 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧