世界のびっくりニュース

「マインクラフト」で作った実際に動かせる「ワープロ」の動画


「マインクラフト」は箱庭の中に入り込んで、思い思いにブロックを配置していくのどかなゲーム……だったはずですが、空中要塞や大戦艦などマッシヴなものを作って公開している人がたくさんいます。物理法則は現実世界といっしょなので、膨大な回路を作ってしまえば電子式のワードプロセッサだって動きます。

コンピューターは、膨大な量のスイッチを使って電気の流れをコントロールして動きます。電気をボールや水などに置き換えることができれば、電気を使わない「コンピューター」も作ることが可能です。こちらの「ワープロ」もそんな物理計算機の一つ。

キーボードで文字を入力すると、その文字が16セグメントのディスプレイに表示されるしくみ。メモリは200バイトで、セーブ・ロードなどひと通りのことはできます。

超巨大な回路。普通の電子回路では、これが爪の先よりまだ小さなチップに全部収まっているのですから驚きです。

動画はこちらから。
Redstone Word Processor Computer in Minecraft [1024 subscriber special] – YouTube

自分で試して欲しい人は、こちらでデータファイルが公開されています。ダウンロードして読みこめば、巨大な計算機を体験してみることができます。

関連記事

スーファミ版「ゼルダの伝説」のマップを箱庭ゲーム「Minecraft」内で3D化して完全再現 - DNA

箱庭ゲーム「マインクラフト」で作った「ものすごく懐かしい風景」 - DNA

容量なんと1メガバイト以下でほぼ完全に物理演算ベースのFPSゲーム「A New Zero」 - DNA

誰もいない教室でイスや机が物理演算によって暴れまくる面白動画「Crazy Furniture」 - DNA

物理エンジンが効いたトップビューのカーレースゲーム「Absolute Drift」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧