アートとデザイン

ものすごい作業量を感じさせる「トランスフォーマー/ロストエイジ」のCGメイキング動画


「大作」ハリウッド映画の数百億円レベルの制作費の多くを占めるのは、実はCGアニメーションの制作費。CGとは言っても人間が作業して作っているのですが、リアルで密度が高いものでないと映画に使えないので、すさまじい手間がかかります。巨大ロボットが有機的な変形を見せる「トランスフォーマー/ロストエイジ」などはその典型。いったい何人でこれを作ったのか……と恐ろしくなるほどの作業量を感じさせるメイキング動画です。

動画はこちらから。
Behind the Magic: The Visual Effects of ‘Transformers Age of Extinction’ – YouTube

手間とヒマとお金がかかるならCGを使わず実写でいいじゃないかとも思ってしまうのですが、例えばごく普通のドラマでも「背景は全部CG」というのが増えてきました

俳優やエキストラ達の給与や傷害保険、撮影隊の運用コスト、町中であれば行政に撮影許可を申請するコスト……など、人間がたくさん稼働する映画の撮影では、人間関係の経費がものすごくたくさんかかるので、それならCGを使ったほうが色々と面倒がなくていい……ということなのですが、もし昔のように人間を使うと本当はいくらくらいかかるのか、というのはちょっと知りたいですね。

関連記事

「ゼロ・グラビティ」は顔以外ほぼ全部CGだったということが分かるすごいメイキング動画 - DNA

映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の爆発たっぷりなメイキング動画 - DNA

CG不使用・全部DIYでスター・ウォーズ第1作のラストシーン、あの「トレンチ・ラン」を完全再現した比較動画 - DNA

CG全開で製作された映画の撮影現場と実際のシーンを比較した写真いろいろ - DNA

憎悪の果て、永遠の空中戦を描く3Dアニメーション「PATHS OF HATE」 - DNA

「グランド・セフト・オート5」の予告編をマドリードの街で完全再現した動画「GTA: Madrid」 - DNA

3Dレンダリングエンジン「Unreal Engine 4」の性能をフルに活かしたライティングデモがすごい - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧