アートとデザイン

熟練時計職人がロレックスのサブマリーナとデイトナを分解・組立しているオーバーホール映像


超精密な内部構造や超高価格のため、パソコン等のガジェット類とは違い気軽に分解出来ない高級機械式腕時計。その核となるムーブメントに使用されている精密部品を一つ一つ手作業で分解していく時計職人の技にほれぼれとしてしまいます。

高級腕時計を代表するスイスの腕時計メーカー「ロレックス(Rolex)」の人気モデル「サブマリーナ」と「デイトナ」をWatchfinder社の時計職人 Tony Williams 氏が分解しオーバーホールし、組立直している非常に精密な作業を撮影した映像です。

ジェームス・ボンドも愛用したことで知られる1953年発売のダイバーズウォッチ「サブマリーナ・デイト」の分解・組立映像。自動巻機械式パーペチュアルムーブメントにはキャリバー3135が搭載されたモデルです。
Rolex Submariner Watchmaking Demonstration | Watchfinder & Co. – YouTube

1961年発売。ロレックス唯一のクロノグラフ(ストップウォッチ機能)を搭載したカーレーサー・ウォッチ「コスモグラフ・デイトナ」の分解・組立映像。クロノグラフキャリバー4130が搭載されたモデルです。
Rolex Daytona Watchmaking Demonstration | Watchfinder & Co. – YouTube

どちらもロレックスを代表するロングセラーの人気モデル。機能美溢れる複雑内部構造たまりませんね。

こちらはドイツの時計メーカー「ノモス・グラスヒュッテ(NOMOS Glashütte)」の工場で生産されている機械式腕時計の製造工程の一部始終を撮影したもの。完成品の分解・組立とはまた違った緻密な作業風景があります。
機械式腕時計の組み立て工程を撮影した機械美あふれる動画

関連記事

複雑なメカニズムが芸術的な美しさを持つ機械式時計の内部写真14枚 - DNA

パテックフィリップ創業175周年記念、世界で最も複雑な機構を持つ機械式腕時計「グランドマスター・チャイム 5175モデル」が登場 - DNA

240年前にスイスの時計職人が作った文章を書く人造人間(オートマタ)「The Writer」 - DNA

古い機械式時計の部品から作られたメカニカルかつ有機的なアート作品いろいろ - DNA

機械時計の部品から造られた非常に精巧なスチームパンク風超小型昆虫いろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧