アートとデザイン

ディズニーのアニメーター達はどのようにして表情豊かなキャラクターを描いていたのか


笑ったり、怒ったり、泣いたりと喜怒哀楽が激しく表情豊かなディズニーのキャラクターたちはどのようにして生まれたか。非常にシンプルながら、とても効果的な「サンプル」を参考にして描かれています。

1950年代に撮影されたディズニーのアニメーターたちの仕事風景の写真には「鏡を見ながら作業」している姿が収められています。ディズニーのキャラクターたちの表情はアニメーター自身がモデルとなっていたため、人間臭い表情だったようです。皆さんかなり素敵な表情で仕事に励んでいらっしゃいます。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

11.

12.

ちょっと人には見せれない表情を作りながらも一所懸命に仕事に打ち込む姿はまさにプロフェッショナル。今も昔もディズニーのアニメーターたちの映画への情熱は変わらないようです。

1940年代には職場環境の改善を求めディズニーのアニメーターたちによる大規模なストライキでは、ディズニー・キャラクターがディズニーへの抗議しているという不思議な光景が発生しています。
夢と現実の狭間の攻防、ディズニーのアニメーターたちによるストライキの画像

ソース:Disney Animators Study Their Reflections In The Mirror To Draw Their Characters Right | Bored Panda

関連記事

一流スターたちが本気で再現したディズニー・キャラクターの写真シリーズ「Disney Dream Portraits」 - DNA

実写のブロマイド風に描かれたディズニー・ヒロインたちの写真15枚 - DNA

これが「女のホンネ」、ディズニープリンセスが「美女として生きること」を語る - DNA

インスピレーションの出発点、ディズニー映画の製作前に描かれたコンセプトイラストいろいろ - DNA

完成版とはほぼ違う、ディズニー・キャラクターの幻の草案イラストいろいろ - DNA

ディズニー映画に登場する城や村、遺跡などのモデルとなった実在のロケーションいろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧