科学と技術

ニッカウヰスキー「余市蒸溜所」のウイスキー熟成樽の焼き入れ映像


世界的に有名なウィスキー評論家 ジム・マーレイ 氏の著書「ウイスキー・バイブル」の2015年版でサントリーの山崎蒸溜所で作られた「山崎シングルモルト・シェリーカスク2013」が世界一のウィスキーに選出されたことはまだ記憶に新しいところ。世界的に見ても高いレベルにある日本ウィスキーの一端を垣間見ることが出来る大迫力の映像となっています。

「日本ウィスキーの父」とも呼ばれ、NNHK連続テレビ小説「マッサン」のモデルともなった竹鶴政孝が創業したニッカウヰスキーの北海道・余市にある「余市蒸溜所」で行われているウイスキー熟成樽の焼入れ映像です。

このウィスキー樽の内部を直火で焼くことを「チャー(Char)」といい、樽に使用されている木の成分が分解され、ウィスキーに溶け込むことで「香り」や「ポリフェノール」を付加させる効果があります。60年から80年間に何度も再使用され続ける樽を再活性させる場合にも同じように焼い入れが行われます(リチャー)。

動画はこちから。
Charring a Whisky Barrel | Potluck Video – YouTube

この映像はPotluck Videoが制作した作品です。

参考:日本洋酒酒造組合|知る・楽しむ ウイスキー用語集 原料・製造工程

関連記事

伝統的な手法によるビール発酵の瞬間を捉えた大迫力のタイムラプス映像 - DNA

ウィスキーのボトルを加工して作ったボトルシップのようなコンピュータの作り方 - DNA

世界80カ国で最も愛されている飲み物をまるごと1枚にまとめたイラスト「Around The World in 80 Drinks」 - DNA

ぜひとも現地で満喫したい世界中のローカル・ドリンク50選 - DNA

難解なシアトル系コーヒーの名前を分かりやすく解説しているインフォグラッフィクス - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧