アートとデザイン

タイピングしながら運動不足とストレスを解消できるキーボードがすごい


デスクワークでは基本的に座りっぱなしになるので、あまり体にいいとはいえません。しかしこちらの「キーボード」というか入力装置を使えば、文字を入力しつつ全身を使う運動が可能です。

1. ご覧のとおり、パンチングボールなどを叩くとその文字が入力されるという仕組み。キー「ボード」ではなく「タイピング」でもないので、なかなか表現が難しいガジェットです。

2. ボール型だけでなくサンドバッグなど様々な形態あり。

3. 高速でパンチとキックを繰り出すと、もりもり文章が書けていけます。

もちろん実用というよりも「仕事と運動を分けて考えるのではなく、一つに融合させた新しいコンセプトを感じさせることはできないか」という芸術作品です。広い部屋があれば置いてみたいガジェットですね。

動画はこちらから。
BLESS N°40 whatwasitagain on Vimeo

これはドイツのInes KaagとフランスのDesiree Heissの作品です。

ソース:workout computer by bless features punching bag keyboard at istanbul design biennial

関連記事

なぜPCのキーボードは「3キー以上の同時押し」ができないのか - DNA

たった1列なのに超高速でタイプできるソフトウェアキーボード「The Minuum Keyboard Project」 - DNA

Photoshopの全コマンドを配置した巨大キーボード「SHORTCUT-S」が出資募集中 - DNA

片手だろうが両手だろうが超速でキーボードをたたきまくる男の動画 - DNA

世界最速タイプを可能にしたスマートフォンのキーボードアプリ「Fleksy」 - DNA

ビンテージ・タイプライターのタッチ感を忠実に再現したUSBキーボード「The Qwerkywriter」 - DNA

完全に機能するPC用キーボードを何でも作れるレゴで再現した動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧