アートとデザイン

メキシコシティ国際空港の壮大な滑走路エリアをラジコンヘリで空撮した動画


まわりをたくさんの飛行機が飛ぶ空港を空中から見下ろして撮影するのは至難の業。飛行スケジュールを常に確認して安全を確保しなければいけないため、普段はめったに許可が出ないのですが、今回特別に撮影を許されたこちらの動画は、めったに見ない視点から撮られており非常に新鮮です。

動画はこちらから。
Mexico City International Airport from Above – YouTube

飛行場周辺での空撮は、飛行機とカメラが接触したりエンジンに巻き込まれたりする危険の他、ラジコンの送受信機の電波が管制機器に影響を与える可能性もあるので、普通は厳重に規制されています。決してマネしないようにしてください。

関連記事

狭い土地を活用しすぎているジブラルタル空港の交通システム - DNA

壊滅的被害を受けた仙台空港に強行着陸、資材の輸送に米空軍特殊作戦軍団が活躍 - DNA

「世界一着陸の難しい空港」と呼ばれた香港の啓徳(カイタック)空港の画像いろいろ - DNA

全米でどの空港が危険な病気の感染源になるかを算出する「パンデミック・シミュレーション」 - DNA

ロンドン・ヒースロー空港上空での飛行機の渋滞っぷりがよく分かるタイムラプス動画 - DNA

大混雑、空港から5時間のあいだに離陸する飛行機を30秒にまとめた動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧