アートとデザイン

Wi-Fi経由の遠隔操作でバンドを指揮するミュージックビデオ「SIGNAL STRENGTH」


インターネットを通じていつでも誰とでもコラボできる世の中、Wi-Fiを通じたビデオチャットでミュージシャン同士をつなぎ、セッションしてみた……というちょっとおもしろい試みが行われました。

LJOVAはモスクワ出身、現在はニューヨーク在住の音楽家。フリーランスのバイオリニストとして活躍しつつ、映画などに音楽を提供するマルチタレントなアーティストです。

彼が作曲し、指揮する「SIGNAL STRENGTH」は9つの地下鉄の駅で演奏しているミュージシャン達によって演奏される楽曲。「電波強度」を表す曲名からも分かる通り、単なるコラボではなくWi-Fi経由で互いに接続されたライブ録音……という体になっています。

動画はこちらから。
SIGNAL STRENGTH on Vimeo

実際のところネットを使ったリアルタイムなやりとりにはかなりのタイムラグがあり、100分の1秒単位の遅延でダメになってしまう同時演奏に使用することはできません。

この「SIGNAL STRENGTH」も別々に記録された何テイクかの映像と音声を合成したものですが、いつかこうしたネット越しのセッションが実現したらこのような感じになるのでしょうか。

関連記事

指揮者の「動き」がオーケストラに対し視覚的に影響を与えることが科学的に証明される - DNA

ネットの「演奏してみた」をツギハギした曲「Mother of All Funk Chords」が超ファンクだった - DNA

ゴミから作り出した楽器で子ども達に音楽教育を与える交響楽団のドキュメンタリー「Landfill Harmonic」 - DNA

超絶技巧な女性4人組によるアクロバティックなクラシック演奏 - DNA

実はとても美しい楽器内部のマクロ写真を使った「ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団」ポスター6枚 - DNA

iPhoneのデフォルト着信音「マリンバ」から音楽を作り出す男 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧