アートとデザイン

信じられぬ奇跡の変態、19種のイモムシのビフォーアフター写真


成長と生き残りに集中出来る形状に進化したと言われるイモムシやケムシは、いずれ蛹(さなぎ)を経て子孫を残すため広範囲を移動できる蝶や蛾などの成虫へと成長します。そのため、蝶や蛾の幼虫と成虫は姿形が全く違っており、見た目で同一と認識することはほぼ不可能。しかも、蛹(さなぎ)の時には一度液化していまうそうで、とにかく不思議な昆虫の世界を垣間見ることが出来ます。

※イモムシやケムシ、蝶や蛾が苦手な人は閲覧に注意して下さい。かなり強烈なビジュアルのものもいます。

ブラーミン・モス:Brahmin Moth

1.

2.

セクロピア(ヤママユガ科):Cecropia

3.

4.

クスノキカラスアゲハ(アゲハチョウ科):Spicebush Swallowtail

5.

6.

ブラック・スワローテイル:Black Swallowtail

7.

8.

センプロニウス・フタオチョウ(タテハチョウ科):Polyura sempronius

9.

10.

アクラガ・コア:Acraga Coa

11.

参照:CGじゃない!全身が透明な「宝石イモムシ」

12.

サドルバック・キャタピラー(イラガ科):Acharia Stimulea

13.

14.

ハグ・モス、モンキー・スラッグ(イラガ科):Phobetron Pithecium

15.

16.

グラスウィングド・バタフライ(タテハチョウ科):GlassWinged Butterfly

17.

18.

プス・モス(シャチホコガ科):Cerura Vinula

19.

20.

フランネル・モス(メガロピギア科):Flannel Moth

21.

22.

ブルー・モルフォ(モルフォチョウ属):Blue Morpho

23.

sa
24.

スパン・グラス・スラッグ・モス(イラガ科):Isochaetes Beutenmuelleri

25.

26.

ハバード・スモール・シルクモス(カイコガ科):Hubbard’s Small Silkmoth

27.

28.

スキフ・モス、クラウンド・スラッグ・モス(イラガ科):Isa Textula

29.

30.

アオジャコウアゲハ(アゲハチョウ科):Pipevine Swallowtail

31.

32.

スポッティド・アパテロデス(カイコガ科):Spotted Apatelodes

33.

34.

イオメダマヤママユ(ヤママユガ科):Io Moth

35.

36.

ヨナグニサン(与那国蚕):Attacus Atlas

沖縄県八重山諸島のみに生息している日本最大の蛾。
37.

38.

その他、中米コスタリカに生息するどう見てもヘビにしか見えないイモムシやヨーロッパに分布するスズメバチにしか見えない蛾など強い動物に擬態した種も存在しています。もう何が何やら分からなくなってしまうほど奥深い昆虫たちの世界。17世紀のヨーロッパでは「虫は『腐った泥から自然発生した』」とされていたほど(参照:17世紀の女性昆虫学者が精密にスケッチした昆虫・植物図鑑「Erucarum Ortus」)。まだまだ解明されていなことも多く、とんでもなく底知れない魅力がまだまだ秘められていそうです。。

ソース:19 Before And After Photos Of Butterfly And Moth Transformations | Bored Panda

関連記事

生物学者エルンスト・ヘッケルが100年以上前に描いた芸術的に美しい生物イラスト集「Kunstformen der Natur」 - DNA

ウナギに成長するとは到底信じられない、平たく細長く透明なウナギの幼生「レプトケファルス」の貴重映像 - DNA

ステンドグラスの様に輝くウロコをもつクモの画像 - DNA

[閲覧注意]マクロ撮影で超クローズアップした昆虫の羽根や目の写真いろいろ - DNA

17世紀の女性昆虫学者が精密にスケッチした昆虫・植物図鑑「Erucarum Ortus」の美麗なイラストレーション - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧