世界のびっくりニュース

Autodesk Mayaで作ったリアル過ぎる群衆の3Dアニメーション


最近の映画やアニメで明らかに変化したことのひとつに花吹雪や戦闘機、デモの群衆など「細かいたくさんのものが動きながら画面を埋め尽くす」という演出。3D技術の進歩と導入によってこうした絵作りが可能になったわけですが、こちらのデモでもその威力は遺憾なく発揮されています。

動画はこちらから。
I’ve fallen, and I can’t get up! on Vimeo

現実には絶対にありえない事件で、人間の動きも1人1人見ていくとヘンなのですがこれだけ大量にうごめいていると、映像効果もあいまってなぜかリアルに見えてしまうのが不思議です。

関連記事

現実よりリアルなグラフィクスの「メタルギアソリッド5:グラウンド・ゼロズ」のメイキング動画 - DNA

戦地でもあらゆる料理が食べられる「食品用3Dプリンタ」をアメリカ軍が開発中 - DNA

超巨大3Dプリンタで家一軒まるごと印刷しようとする男のドキュメンタリー「The Man Who Prints Houses」 - DNA

3Dプリントされた透明な高層ビル型の貝殻を背負うヤドカリ - DNA

現場の空間を丸ごと記録できる3Dスキャナをニューメキシコ警察の鑑識課が導入 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧