科学と技術

手作業よりも約30倍高速にケーブル類を床にガムテープで固定できるマシン「GaffGun」


イベント会場にはカメラやマイクのためのケーブルがつきものですが、床に固定しないと余計な事故のもととなります。手で長いケーブルを這わせてテープ留めするのはものすごく大変。しかしこの「GaffGun」があれば、こんなにも面倒な作業をマッハの勢いで片付けてくれます。

「GaffGun」はアメリカのGaffTech社が開発したシンプルなアナログの機械。床にバラバラと這わせた配線ケーブル類を綺麗にまとめ、上からテープを貼り付けてまっすぐに固定します。またテープは布製・紙製どんなタイプのものでも装着が可能となっています。

1. 使い方はこんな感じでとても簡単。複数のケーブルもビシッとまとめています。

2. 手作業と「GaffGun」の速さを比較したGaffTech社のデモンストレーション。明らかにGaffGun有利。

3. 結果は手作業:4分50秒、GaffGun:10秒。GaffGunを使用すると約29倍速く作業が完了し、時間は99.6%も節約出来るとのこと。

デモの数値はまあ参考値ですが、かなり作業は効率化出来そうです。

「GaffGun」の紹介動画はこちらから。
Join the Revolution on Vimeo

4. 裏から見た「GaffGun」。ケーブルを集めるアタッチメントは取り外しが出来ます。

このアタッチメントは全部で4種類あります。ケーブルを集める「CableGuide」は3種類、スモール(XLRケーブル1〜2本まで)、ミディアム(1〜3本まで)、ラージ(3〜5本)です。そしてケーブルを這わせずライン取りのテープだけを貼り付けるためのアタッチメント「FloorGuide」です。

「GaffGun」は現在プレオーダー中。そのため「GaffGun」(スモールサイズの「CableGuide」とロングハンドル付)は約2万6000円(249ドル)のところ約2万1000円(199ドル)で予約を受付けています。また、アタッチメントの「CableGuide」と「FloorGuide」はいずれも約2100円(20ドル)となっています。発送は2014年の12月からとのこと。

ソース:GaffGun® | GaffGun® – home of the original GaffGun® applicator for gaffer’s tape

関連記事

万能にして至高の日用品、ダクトテープの威力を思い知ることができる画像 - DNA

旅客機の中で酔っ払って暴れるとこうなる - DNA

ただのガムテープから紫外線を発する「トライボルミネッセンス効果」の動画 - DNA

道にうっかり落としたタバコやビンを拾って返してあげている優しいライダーの動画 - DNA

今、恐るべきTシャツが中国のドライバーに大注目されている - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧