世界のびっくりニュース

エボラ出血熱が猛威を振るうリベリアの状況を撮影したドキュメンタリ写真シリーズ「Liberia EBOLA」


2014年初頭から西アフリカで流行しているエボラ出血熱、その中で最も被害者が多いリベリアでは非常事態宣言が出されており、感染が深刻な地域の隔離や人が集まる場所の閉鎖が行われるなど、かなり危機的な状況となっています。

1976年に南スーダンで発見されたエボラ出血熱はウィルス性の感染症。致死率が50%〜90%と非常に危険なもので、2014年までにアフリカ大陸の各地で突発的に10回程流行を繰り返しており、現在エボラ出血熱が流行している西アフリカでは過去最悪の感染者数(6000人以上)・死亡者数(3000人上)が記録されています。

現在も事態はまだ収束しておらず、アメリカ疾病対策センター(CDC)は2015年1月には55万人〜140万人に感染の恐れがあると警告しています。

「Liberia EBOLA」はアメリカの写真家 Kieran Kesner 氏が、今回のエボラ出血熱の流行で最も被害が多くすでに1800人を超える死亡者が確認されているリベリアの感染地域を撮影したドキュメンタリ写真シリーズです。1989年〜2003年にかけて起こった2度に渡る内戦から復興しつつあったリベリアに追い打ちを掛けるように襲ったエボラ出血熱の大流行。医療現場で懸命に働く人、家族を失い悲しみにくれる人、その土地で暮らす人などが撮影されています。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

11.

12.

13.

14.

15.

16.

17.

18.

19.

20.

21.

22.

23.

24.

25.

26.

27.

28.

29.

30.

31.

32.

33.

34.

35.

36.

37.

38.

39.

40.

ソース:Ebola — Kieran Kesner

関連記事

リベリア大学入試、約2万5千人の受験者全員が落第でパニック - DNA

人類が記憶しておくべき歴史を切り取ったかのような写真いろいろ - DNA

顔に傷をつけるアフリカの風習を受け継ぐ最後の世代を撮影した写真シリーズ「Hââbré, the last generation」 - DNA

西アフリカ・ブルキナファソの強烈にエキゾチックな仮面祭りの写真シリーズ「the spirit of the masks」 - DNA

西アフリカ・ガーナで独自の進化を遂げたアート棺桶の画像いろいろ - DNA

[閲覧注意]西アフリカ・トーゴにある世界一巨大なブードゥー教呪物マーケット「Akodessewa Fetish Market」 - DNA

発展途上国から先進国まで、世界各国の公務員の給料と執務室の写真 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧