アートとデザイン

一度見たら頭から離れない廃墟化した精神病院の写真シリーズ「American Asylums」


アメリカ各地に点在する廃墟化してしまった精神病院の内部を撮影した写真シリーズ「American Asylums」です。過剰にも感じるほど頑丈に作られたドア、機材の一部が残る手術室、剥がれ落ちる壁や天井、建屋内に侵食した植物など自然崩壊しつつあるその姿はある種の美しさを放っていることは間違いありませんが、同時に得体の知れない不安な気持ちも抱かせます。

この写真シリーズを撮影したのはアメリカの写真家 Jeremy Harris 氏。2006年に地元にあった精神病院の廃墟を発見し内部に入り込んだことからその魅力に取り憑かれ、アメリカ全土にある精神病院の廃墟を周って撮影しています。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

11.

12.

13.

14.

15.

16.

17.

18.

19.

20.

21.

22.

23.

これらの写真はアメリカの写真家 Jeremy Harris 氏の作品です。

ソース:JEREMY HARRIS PHOTOGRAPHS :: Specializing In Photographs of People On Location

関連記事

住民に放棄され街ごと廃墟と化した世界のゴーストタウン13選 - DNA

世界中に残る放棄された軍事施設の廃墟いろいろ - DNA

恐怖心を煽られるヨーロッパ旧共産圏の廃墟と化したソ連感満点の建築物の写真集「Soviet Ghosts」 - DNA

遠くから見ると完全に軍艦、島まるごと廃墟となっている長崎の炭鉱島「軍艦島(端島)」 - DNA

街ごと砂漠にのみこまれつつあるアフリカ・ナミブ砂漠のゴーストタウン「コールマンスコップ(Kolmanskop)」 - DNA

なんともいえない不気味さのあるドイツ人医師が生活していた豪邸の廃墟写真 - DNA

[閲覧注意]廃墟となった精神病院の壁・天井・床にシルエットを描いたゾッとしてしまうアート - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧