世界のびっくりニュース

もしスポーツカメラマンが試合中に選手と一緒にピッチに入ることができたらこうなる


サッカーの試合の映像や写真は基本ピッチの外から撮影されており、試合中にカメラマンがピッチの中に入ることはまずありえません。しかし、もしスポーツカメラマンが試合中に選手と一緒にピッチに入って、試合中の選手の息遣いまで聞こえて来そうな距離で撮影したらどうなってしまうのかを想像して作られた動画です。

1. 交代選手と一緒にウォーミングアップ中のやる気に満ちたカメラマン

2. 大きなカメラを担いでいざ出陣

3. ドリブルの時の足元を撮影しているカメラマン

4. 選手と同じ様にスライディング撮影。まさに臨場感たっぷりの映像が期待出来そうです。

5. ゴール前には3人のカメラマン

6. 怪我した選手も追っかけます

7. 守る所は守り、撮る所は撮る。まさにプロ根性。

確かに試合の臨場感は何倍にもなりそうですが……大きな問題もありそうです。動画はこちらから。
CANAL+ Football – Cameramen – YouTube

この映像はフランスのケーブルテレビ・チャンネル「Canal+」が制作したもの。カメラマンには選手と同じくらいかそれ以上の体力が必要な超ハードな撮影現場ですが、それくらい熱い心意気を持って撮影してスポーツ中継しているようです。

関連記事

写真を撮ることに集中しすぎてしまっているカメラマンたちの写真50枚 - DNA

[字幕動画]カメラマンを地獄のブート・キャンプで鍛え上げるニュージーランドのテレビ局のコマーシャル動画 - DNA

オオカミの群れを撮影するカメラマンはとても大変だということがよく分かる動画 - DNA

サバンナで撮影するカメラマンに必須の技能 - DNA

時代を象徴する有名な写真とそのカメラマンたちのポートレート「Behind Photographs」 - DNA

彼女に手を引かれて世界中を旅する様子をカメラマン視点で撮影した写真プロジェクト「Follow Me」 - DNA

鬼才映画監督・スタンリー・キューブリックが撮影したシカゴの街並みの画像32枚 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧