エンタメ

ハリウッド版「攻殻機動隊」草薙少佐のキャストに「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のマーゴット・ロビーが浮上の噂


サイバーパンクSFやサブカルチャーのファン達に大きな影響を与えた士郎正宗のコミック「攻殻機動隊」のハリウッド実写化については何かニュースが出るたびに騒ぎとなります。今回は主人公・草薙少佐役として「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のマーゴット・ロビーが交渉に入ったとハリウッドのゴシップを多く扱う「Deadline」が報じています。

マーゴット・ロビーは1990年、オーストラリア生まれの女優。2008年のオーストラリア映画「Vigilante(邦題:ダークネス・ビギンズ)」でブレイク、2012年の海外ドラマ「PAN AM/パンナム」のローラ・キャメロン役や、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」では主人公の妻・マーゴット・ロビー役などで好評を博した若手女優です。

海外ドラマ「PAN AM/パンナム」予告編 – YouTube

日本では原作版、劇場版、TVアニメ版などそれぞれにファンがついていますが、諸外国ではなんといっても95年の劇場アニメ「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」が人気。

ハリウッド版「攻殻機動隊」は「A.I.」「マイノリティー・レポート」など、近未来SFもので手堅い成功作の経験があるドリームワークス。同ユニバースの作品である「イノセンス」のアメリカ配給も行っており、成功の秘訣は理解した上での出演交渉と思われます。続報が楽しみです。

ソース:‘Wolf Of Wall Street’s Margot Robbie Eyes ‘Ghost In The Shell’ | Deadline

関連記事

「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」のオープニングシークエンスを実写で再現した動画「Project 2501」 - DNA

超サイバーパンクな風景の中で銃撃戦を楽しめる「Counter Strike: Source」Mod「NEOTOKYO」 - DNA

レゴで作った「攻殻機動隊」の名物メカ、「タチコマ」の再現度がかなり高い - DNA

古今のSF作品に出てくるかっこいいユーザーインターフェイスの画像いろいろ - DNA

涙が出そうなくらいサイバーパンクなドット絵横スクロールアドベンチャーゲーム「The Last Night」 - DNA

サイバー兵士の時代、未経験者が「自動照準ライフル」で700メートル先の的をブチ抜く動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧