アートとデザイン

逆さにした人の顔を接写撮影するとエイリアンっぽくなる


人を逆さまにして顔の一部をクローズアップして撮影したモノクロ写真シリーズ「Alienation」です。生き物には間違いなのですが地球には存在していないエイリアンのような何かを想像してしまいます。種も仕掛けも全て分かっているのに見れば見るほど地球外生物に感じてしまう作品です。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

11.

12.

13.

14.

上下逆さかまにした顔の一部を変化させても非常に気づきにくい現象「サッチャー錯視」を利用した人を逆さました不思議な写真とはまた違って写真を逆にすると普通の写真になるのですが、どちらもとても不思議な感覚に陥ってしまいます。

これらの写真は南アフリカ・ケープタウンの写真家 Anelia Loubser 氏の作品です。

ソース:Alienation on Behance

関連記事

何がおかしいの?サッチャー錯視を利用した女性の顔写真いろいろ - DNA

犬の鼻をアップにするとなぞの生物らしきものが現れる - DNA

エリア51で働いてたけど何か質問ある? - DNA

「エイリアン」のフェイスハガーをモチーフにしたすごくあったかそうな手編みのフェイスウォーマー - DNA

レゴで作った「エイリアン」の実寸大フェイスハガーがすごい - DNA

初代「エイリアン」が演技の練習をしているテスト撮影の動画 - DNA

映画「E.T.」の元になった宇宙人のデザインが完成形と違いすぎてすごい - DNA

驚くべき巨大さ、もし宇宙ステーションと同じ場所に月があったらこうなる - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧