世界のびっくりニュース

「どうしてWindowsVistaからは『ピンボール』がなくなってしまったの?」という質問の答えがすごい


元マイクロソフトCEOのスティーブ・バルマーをして「最大の後悔」と言わせた難物OS「WindowsVista」の不人気っぷりよく知られたところ。その中には「『ピンボール』ゲームが無くなった」という声もあったりするのですが、これはいったいなぜ無くなってしまったのでしょうか。答えは実に意外なところにあったのでした。


実は「ピンボール」は「移植に失敗した」そうなのです。

XPからVistaに以降する直前、Microsoftの開発者達は来る64bit時代に向けて、32bitOSであるWindowsXPの改修作業に追われていました。これは口で言うほど簡単な作業ではなく、数百万行のコードが改修対象となる大規模なものでした。

「ピンボール」もそんなコードのうちの一つ。Windowsには色々な無料ゲームプログラムが付属していますが、いずれもそんなに大規模なプログラムではありません。改修作業はすぐに終わる……はずだったのですが「何かに当たったボールがそのまますり抜ける」という致命的なバグが64bit版で発生してしまったのです。

2人がつきっきりでバグ取りを進めるもまったく原因が分かりません。「ピンボール」は外部企業に委託して制作されたもので、社内には誰もその詳しい中身を知る人がいませんでした。ソースコードにはほとんど注釈コメントが存在せず、なぜボールの衝突フラグが動かないのかどころか、その衝突フラグがどこにあるのかすら分からないという重症っぷりでした。

64bitOS上で旧来の32bit版を動作させればいいじゃないか、という声もあったようですがそれはそれで動作の検証が必要でもあり、またそれ以外にも山ほど改修部分があったことから結局「ピンボールの移植は無理」という判断に至ったということです。

ナイスなゲームが消えてしまったのは残念ですが、Windows1.0からWindows7まで順番にアップデートしても無事に動き続けるものすごい互換性を維持するには、こういう英断も必要だったのかな……と巨大企業ならではの難しさを感じるエピソードです。

ソース:Why was Pinball removed from Windows Vista? – The Old New Thing – Site Home – MSDN Blogs

トップ画像:Auch schon wieder retro, oder? | Flickr – Photo Sharing!

関連記事

「一番ミスったのはVista」マイクロソフトCEOのスティーブ・バルマー「最大の後悔」を語る - DNA

初代Windows1.0から最新のWindows7まで、順番にアップデートすると何が起こる? - DNA

仕事をサボってしまうWindowsユーザーにはものすごくお馴染みのアレを完全に再現したトランプ「Solitaire.exe」 - DNA

「ソリティア」をクリアした時の爆発的な喜びを立体に再現したアート「Solitaire Win」 - DNA

「マインスイーパー×RPG」という異色の組み合わせが楽しいゲーム「マモノスイーパー」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧