科学と技術

ウクライナ軍のバックパック給弾式PKM軽機関銃が未来感あふれていてかっこいい


兵器は時代を経て進化していくものですが、変わらない「かっこいい要素」もあります。この「ベルト給弾式機関銃」もその一つ。無限に弾を吐き出し続ける機関銃の無敵感はたまらないものがあるわけですが、ウクライナでもそうしたシステムのうちの1つが使われているようです。


どうも弾薬箱~ベルトフィーダーがセットのようで、これを装着するバックパックは好きなものを使いなさいよ、ということのようです。普通のスポーツ用バックパックなのがちょっとおかしいですね。
Combat-UA … Weapon of choice – YouTube

この手の無限に弾が撃てるバックパックはチャイナレイク海軍兵器センターのシステム23、通称「デスマシーン」などベトナム戦争の時から色々試作されていました。映画「プレデター」にもその辺りインスパイアされたものが登場しています。
Predator Mini-Gun Fire 10mins – YouTube

現在でもその研究は続いているようです。こちらはアメリカ陸軍が計画しているもの。アシストパワースーツと合わせて研究が進んでおり、兵士1人に非常に大きな火力をもたせることができます。

‘Ironman’ a game-changer on battlefield | Article | The United States Army

アフターマーケットでもこうした商品が開発されています。
TYR Gunner Pack – YouTube

他にもペイントボールゲーム向けに似たような感じの背負式弾倉があったりなど、なんとなく実用性を超えた趣味というかフェチのようなものを感じますね……やっぱり「強そう」なビジュアルは大事です。

ソース:Tactical Gear and Military Clothing News : Ukraine Goes Blaine: Pack Fed PKM LMG

関連記事

ペイントボールゲームで殺人マッシーンになれる背負い式弾倉「Strikeloader」 - DNA

軽量な樹脂製薬莢がライフル用弾薬向けに2011年からリリース予定 - DNA

ベトナム戦争時代に配布されたマンガ式「M16分解清掃マニュアル」 - DNA

ロシアの学校で行われる「AK-47自動小銃スピード分解・組立実習」の動画 - DNA

元マグプルのコスタ先生がM60機関銃で華麗に「コスタ撃ち」をキメる動画 - DNA

名銃対決、M2重機関銃とミニガン、当たりやすいのはどっち? - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧