世界のびっくりニュース

見たこともない武器がずらり、空港で押収されたヤバいモノをアメリカ運輸保安庁が公開


なぜ「いける」と思ったのかよく分からないのですが、見るからに危険な危険な武器を飛行機に持ち込もうとして、手荷物検査で押収されてしまったモノをスーツケースの「TSAロック」で有名なアメリカ運輸保安庁(TSA)が公式インスタグラムで公開しています。普通に暮らしているとまず目にすことがない武器がずらり……。アメリカって本当にスゴイです。

1. 6刃の手裏剣:ラスベガス空港

2. スマートフォン・ケース:ボストン空港(ジェネラル・エドワード・ローレンス・ローガン国際空港)

3. 銃とマガジン:テキサス州、グストロムバーグストロム国際空港

4. 日本刀:ボストン空港

5. 即席爆発装置(IED、Improvised Explosive Device)のトレーニング・キット:ホノルル空港

6. 手裏剣:テキサス州、ダラス・ラブフィールド空港

7. 櫛ナイフ:デトロイト空港

8. 爆弾っぽいデザインの腕時計:オークランド空港

9. 手裏剣:ニューヨーク州、バッファロー・ナイアガラ国際空港

10. 熊撃退スプレー:アンカレッジ国際空港

11. 鉄球メイス:シカゴ・ミッドウェー国際空港

12. 釵(さい)と手甲:シカゴ・ミッドウェー国際空港

13. 弾丸型ナイフ:ニューヨーク州、ラガーディア空港

14. カギ型ナイフ:ニューヨーク州、グレーター・ビグアムトン空港

15. 60mm迫撃砲弾(不活性)

16. スマートフォンっぽいスタンガン

17. ステッキ型ソード:ニューヨーク・ラガーディア空港

18. 斧:ニューハンプシャー州、マンチェスター・ボストン地域空港

19. ブラストナックル(スタンガン)

20. 折りたたみ手裏剣

こちらのサイトにはまだまだたくさんの押収品が公開されています。
ソース:tsa on Instagram

関連記事

[閲覧注意]世界の税関で押収されるすごく珍しい密輸品いろいろ - DNA

空港の手荷物検査でものすごく見たくなかったものが見つかる - DNA

メキシコの麻薬カルテルは武装しすぎ - DNA

空港の手荷物検査でものすごく見たくなかったものが見つかる - DNA

人間が空港の荷物検査機の中を通り抜けるとこんな風に見える - DNA

空港のボディチェックの後で買えるものだけで作られた手りゅう弾「FRAGGuccino」 - DNA

空港のX線スキャン検査官に「この検査は違法ですよ」と教えてあげられるTシャツ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧