世界のびっくりニュース

世界的情報機関・アメリカCIAのカフェテリアに寄せられる苦情が情報公開で明らかに


世界の政治の裏側に必ずその影をちらつかせる屈指の情報機関・アメリカ中央情報局CIAのカフェテリアを管理する部門に寄せられた苦情のメールが、情報公開請求によって一部明らかになりました。世界的スパイ達は一体どんな苦情をよせているのでしょうか。

基本的にはものすごく理屈っぽ……論理展開が上手なようです

件名:メインカフェテリアについて

個別包装のケチャップ、マスタード、マヨネーズを復活させてください。あの大きなポンプは不便で多くの人に好かれていません。今週は2回も誰かが苦情を言っているのを聞きました。またケチャップを入れる小皿もありません。ポンプから出す時はサラダバーの小皿を使っています。ポンプを使うときはトレイをどこか他のところにおいて、小皿にポンプから出し、小皿にフタをしています。自分のオフィスに持って帰って食べたいときはビニール袋に入れなければいけません。他の人も面倒でイライラすると言っています。したがって、個別包装は復活させるべきと私は考えます。ご考慮ください。

件名:朝食のシリアルの件

朝食のアーモンドやオートミール、ホイートクリームなどが最近不足しているようです。僭越ながら発注責任者は日々の消費量を管理し、アーモンドの購入・供給を増加させたほうがよいかと思います。

サラダにこだわりのある人がどうも多いらしい。

件名:サラダがすばらしかった。

こんにちは。カフェテリアのサラダはいつも美味しいですが、新しいサウスウェスタン・チキン・シーザー・チョップサラダは最高でした。ありがとう!

件名:サラダのドレッシングについて

やっとサラダドレッシング置き場を改善してくれましたね。素晴らしい。ありがとう!

件名:カフェテリアについて

以前はベジタリアン向けメニューの表示が合ったと思います。復活してもらえないでしょうか。またもっとベジタリアン向けメニューも増やしてください

食事しか楽しみがないくらい仕事が忙しそうな人達

件名:セナー・Aの件

1/4ホワイトチキンプレートを食べたのですが、実際にはチキンの1/4ではありませんでした。胸肉の部分が全部切り落とされてなかったのです。1/4ダークチキンのほうがももとすね部分なら、ホワイトは胸肉と手羽部分のはずです。改善してください。よろしく。

件名:金曜日の朝メニューのキルバサ(※)について

いつも通り金曜日の朝メニューのキルバサを買ったのですが、食堂が仕入れブランドを変えたのか単に今日の調理がヘタだったのか、美味しくなくてガッカリでした。過去数年間食べてきたカフェテリアのキルバサと、味も見た目も感触も違うのです。以前のブランドに戻してください。毎週楽しみにしている金曜日のごちそうなのです。

※キルバサ:ポーランド風ソーセージ

スパイ的観察能力を発揮する人達

件名:カフェテリアのアイスティーについて

アイスティーのディスペンサーが、以前の1回ごとに抽出するものから濃縮したものを薄めるタイプに変わっていました。濃縮ものはみんなそうですが最低の味です。以前のものに戻すのをご検討ください。よろしく。カフェテリアはよくやっていると思いますよ。

件名:カフェのペプシの件

先週に続いて今週もカフェの従業員に言ったのですが「普通のペプシ」のディスペンサーからダイエットペプシが出てきます。間違えたタンクと接続されているようです。誰も問題を解決していません。こんな問題がなぜ放置されているのでしょうか。

衛生面からクレカ/プリペイドカードを導入する社食は多いそうですが、今後「CIAでも使ってないから」というのは導入したくない言い訳として使えるかもしれません。

件名:クレジット/デビットカードについて

カフェテリアでクレジットカードかデビットカードか、あるいは両方を使えると嬉しいのですが

お給料はそんなによくないんでしょうか。

件名:バーガーキングについて

なぜ外部のバーガーキングのように「1ドルメニュー(※)」がないのでしょうか。他にもっとよい業者があるのではないでしょうか。毎日腹が立ちます。

※1ドルメニュー:100円メニューのアメリカ版

ロシア人がCIAで食事をしている理由はちょっと考えたくないですね。

件名:今日のロシアンメニュー

今日注文したロシア料理にがっかりしました。まず、メニューの逆向きのR(※)が普通の向きになっているのは悪趣味だと思います。またアメリカ人でも食べられるように、誰かが味付けをアメリカナイズしたように思います。私達がこの国にやってきてこんなものを食べさせられたら、もうこんな食べ物を支持しないであろうことをもっと考慮してください。例えばビーフストロガノフはロシア料理というよりもアメリカ料理です。

※逆向きのR:ロシア語アルファベットの「Я(ヤ)」

人間しっかり食べないとちゃんと働けない、ということでアメリカ国防総省のフードスタンドは最重要施設としてあの五角形の建物の中心にある中庭に設置されていたり、イラクではありとあらゆるファストフードチェーンが前線基地に出店したりしていました。それだけに、これらの食堂への苦情もよくよく見ると内部の様子が伺えて、なかなかおもしろいものがあります。

ソース:Doc of Note: CIA Cafeteria Complaints | Muckrock

関連記事

旧ソ連も目をつけた、アメリカ合衆国国防総省ペンタゴンの中庭にある「ある建物」の意外?な正体 - DNA

エリア51で働いてたけど何か質問ある? - DNA

「政府は『人類には早すぎる』ものを隠している」……「俺もエリア51で働いてたんだけど何か質問ある?」回答まとめ - DNA

イラク戦争中に米軍前線基地で営業していたファーストフードブランド・トップ10 - DNA

[字幕動画]最後までやたらハイテンションな「戦場でのコーヒーの入れ方」動画 - DNA

1000万ドルかけて猫をスパイに改造したCIAの極秘計画「アコースティック・キティー」 - DNA

圧倒的迫力でCIAの諜報活動の1シーンを表現した美術品コレクションがすごい - DNA

映画「ゼロ・ダーク・サーティ」レビュー~良心と義務感の危ういバランス - DNA

アメリカ海軍の航空母艦「ロナルド・レーガン」の圧倒的物量が分かる画像いろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧