ネット・PC

兵士の復員プランをIBMのスーパーコンピューター「ワトソン」がサポートするサービスが登場


イラク・アフガニスタンから撤退したアメリカ軍ですが、軍人としてのキャリアを終え市民生活に戻る兵士たちの戦いはいよいよこれから。そもそも外部の社会を知らず「まず何をしたらいいのか分からない」レベルの彼らをサポートすべくIBMのスーパーコンピューター「ワトソン」が起用されるそうです。

米軍は全員が志願制の軍隊で、任期を満了すればその後のキャリアは自由。毎年15万人が軍を離れていきますが自分の能力を社会のどこで活かせばいいのか分からず、うまく馴染めない人もたくさんいるようです。

そこでUSAA(United Services Automobile Association……軍人向け金融・保険サービスを提供する企業)はIBMのスーパーコンピューター「ワトソン」に目をつけました。

「ワトソン」は人間が使う自然言語の意味と、その文脈を理解することができます。元々はコールセンターやヘルプデスクなど、定型的だけれどもパターンが膨大な受付業務をするように開発されただけあってこの種のサポートにはぴったり。

キャリア移行についての質問を、とにかくどんな形でも英語で問いかければ文脈を理解して「履歴書の書き方」や「復員兵援護法からの援助の受け方」など適切な手続きや書類、情報を提供してくれるということです。

「そうだ。今思いついたんだけど●●してみたら?」というようなヒラメキには欠けますが、24時間対応でいつまでも話を聞いてくれるのはかなり優秀なサポートデスクですね。これが「ワトソン」の初めての商業的応用なので、結果が楽しみです。

ソース:Advice for Military Separation and Transitioning to Civilian Life | USAA

How IBM Watson Can Help USAA Help Military Veterans « A Smarter Planet Blog A Smarter Planet Blog

関連記事

IBMの超コンピュータ「ワトソン」にスラングを教えたら大変なことになった - DNA

[字幕動画]あの「Siri」の声優さん、とうとう名乗り出る - DNA

対決動画、iPhone4SのSiriさんはファービーの言葉を理解できないことが判明 - DNA

人工知能を産むための人間そっくりの骨格と筋肉をもったロボット「ECCEROBOT」 - DNA

2013年最も人間のふりをするのがうまいチャットBot「Mitsuku」とチャットできるサイト - DNA

ネット上に自分の分身を保存して肉体の死から自由になれるWebサービス「Eterni.me」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧