世界のびっくりニュース

「柵があって助かったな」とセリフが聞こえてきそうな犬同士の威嚇コント映像


喧嘩は勝っても負けても何かしらの傷を追うことになってしまうため、物理的な攻撃ではなく威嚇(いかく)することで実際の戦いを避けるのは動物の知恵。しかし、全く関係ないところから高みの見物をしていると非常に滑稽に見えることもあります。

動画はこちらから。「そのフェンスほとんど開いていますよ」と教えてあげてたくなりますが、その指摘は野暮ってものです。
You’re lucky there’s a fence here or I would tear you apart – YouTube

キバを剥き出し、ドスの利いた声に吠えて威嚇する犬はちょっと怖い気もしますが、犬は実際に落ち込んでいる人をなぐさめる習性があるとの報告がある通り実際には心優しい動物なのです。

関連記事

猫の喧嘩をみんなでよってたかって止める犬たちの動画 - DNA

超肉食系、一緒に住んでいる犬に襲いかかるのが大好きなネコの動画 - DNA

電車で発生した喧嘩を一発で止める魔法のアイテム - DNA

大男たちがガチ喧嘩、全米プロバスケのファウルのみをまとめたコンピレーション動画 - DNA

「お祭り中にケンカしたらプロのムエタイ選手と戦ってもらう」違反したチンピラがボコボコにされる動画 - DNA

「もっとはやく出ろ!!!」トイレの順番待ちでケンカになり殺害 - DNA

ケンカに負けてスネたのか死んだふりをしている子ネコの動画 - DNA

仁義なき戦い、近所の野良猫を取り合う抗争で5人が入院 - DNA

「アイツは俺の獲物だ!!!」テレビのクマと戦いたくてたまらないアメリカン・アキタ犬の動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧