アートとデザイン

VFR1200Fのエンジンをグラマラスなフレームで包んだセミオーダー・カスタムバイク「Ariel Ace」


最近の大排気量バイクは人間が扱える限界をとっくに超えているので、各社ともエンジンパワー以外の部分にいろいろな工夫をこらしています。「Ariel Ace」はホンダ・VFR1200Fのエンジンを使い、フレームやタンクなどを複数用意したセミオーダー・カスタムバイク。デザインの自由さが魅力です。

1. Ariel社のAceはホンダ・VFR1200Fのエンジンを使用するセミオーダー・カスタムバイク。様々なコンフィグレーションに対応しており、自分でパーツを組み合わせたオーダーが可能です。こちらは最近流行の「ストリートファイター」的セッティング。

2. 同じフレームでも、ハンドルを上げ、タンク・フォーク・シートを変えるとチョッパー風味になります。ヤマハのV-MAXなどが好きな人にはいいかも。

3. 元となった大型ツアラーのホンダ・VFR1200Fはこちら。がらっと違ったデザインとなります。

4. 削りだしアルミを溶接したフレーム。

5. リアから。

6.

7.

8.

9.

10. 1本のサスで保持するガーダーフォーク

見た目もすごいのですが、性能のほうもVFR1200Fのものを引き継ぎ、電子制御スロットルに半自動のダブルクラッチトランスミッション、トラクションコントロールなど電子化が進んだものとなっています。

フルオーダーのクォリティをセミオーダーのお値段で……というコンセプトになるかと思いますがどうでしょうか。お値段は明らかにされておりませんが300万円から、くらいのイメージと思われます。

ソース:Introducing the Ariel Ace: the Modular Honda VFR1200-Engined Motorcycle » Motorcycle.com News

関連記事

世界でもっとも美しいバイク「ブラフ・シューペリア SS100」が超現代的なスタイリングで復活 - DNA

BMWモトラッド、伝説の「R90S」をモチーフにしたネオ・クラシックなコンセプトバイク「Concept Ninety」をビンテージカーイベントに出展 - DNA

超攻撃的な流線型フォルム、ロータス社初のスーパーバイク「C-01」が公開 - DNA

ノートン・フェザーベットフレームにハーレーのVツインエンジンを積んだハイブリッドバイク「Norley」 - DNA

流線型のグラマラスなカウルがかっこいいカスタムバイク「1930 Art Deco Henderson」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧