アートとデザイン

AK-47自動小銃のバリエーション機種をあしらったトランプが出資募集中


世界中ありとあらゆる国でライセンス生産されたり、勝手に改善バージョンが出たり、時には密造されたりするAK-47自動小銃とそのバリエーションを絵柄にしたトランプを、アメリカの鉄砲マニア達が製造しているようです。アメリカ最大のトランプメーカーU.Sプレイング・カード社に印刷を依頼するという実に本格派となっています。

1. AKトランプ、正式には「Kalashnikov Identification / Playing Cards(カラシニコフ識別/遊戯用カード)」はご覧のとおり、各国で生産されたAK-47のバリエーションを印刷したトランプ。

2. スペードがロシア製、ハートが中国製、クラブが東ドイツ製、ダイヤがブルガリア製のバリエーションとなっています。第2弾、第3弾がいろいろ楽しみな展開です。

3. ジョーカーは「弾薬缶のマーキングの読み方」と「ポーランドやルーマニア、フィンランドのバリエーション」

4. 軍では昔から「航空機識別トランプ」を兵士たちに配って、遊びながら飛行機のシルエットを学べるようにしていました。AK-47を識別できたほうが有利なのかどうかはちょっと分かりませんが……何か面白いルールのゲームが作れたりしそうですね。

紹介動画はこちら。

現在Kicstarterで1万3千ドル(約132万円)を目標に出資を募集中。約半分くらいを達成しているようです。欲しい人は以下のリンクからどうぞ。1つ国際送料コミで19ドル(約1900円)からとなっているようです。

ソース:Kalashnikov Identification / Playing Cards by Gwebs — Kickstarter

関連記事

超ロングセラー、第5世代カラシニコフ小銃「AK-12」の動画が公開 - DNA

世界最高の自動小銃を作った男、ミハイル・カラシニコフ氏が94歳で死去 - DNA

「カラシニコフ」ブランド復活、イズマッシュ社とイジェメック社が正式に合併 - DNA

カラシニコフ自動小銃のチャージングハンドルを左側にも出せるキット「Ratchet Charging System(RCS)」 - DNA

ロシアの学校で行われる「AK-47自動小銃スピード分解・組立実習」の動画 - DNA

プーチン大統領、イズマッシュ社復活のためスティーブン・セガールを投入 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧