アートとデザイン

コスプレイヤーを「マシンガン撮影」すると一大スペクタクルな動画になる


アニメやコミック、SF、B級映画、ゲームなどポップカルチャーのイベントにはつきものの「コスプレイヤー」達。オーストラリアで行われたイベント「Supanova Pop Culture Expo」でSF専門ケーブルTVチャンネル「SyFy」が映画「マトリックス」で有名な「マシンガン撮影」のブースを設け、色々なコスプレイヤー達をぐるんぐるんと回して見たようです。


「マシンガン撮影」の仕組みは簡単。ブースの周りをぐるっとスチルカメラで取り囲みます。シャッターを押すと1つずつバシャバシャバシャ……と連続でシャッターを押す仕組み。

例えばこのように普通のコスプレの人が……

合図に合わせて飛ぶだけで……

一大スペクタクル魔法決戦になります。

カメラは安物でもまったく問題ないので、物量があればなんとかなるかもしれません。動画はこちらから。
Syfy FanCam 360 – YouTube

関連記事

時よ止まれ、100個のカメラを使用した「マシンガン撮影」で360度全周のバレットタイム動画を撮影 - DNA

完全に人力でマトリックスの「マシンガン撮影」を撮影しているアクションショーの動画 - DNA

サーフィンを「バレットタイム」で撮影した時空のねじれを感じる動画 - DNA

ハイスピードカメラを使って列車からホームを撮ると「マシンガン撮影」風の動画になる - DNA

100台の一眼レフカメラでバレットタイム撮影された新型「ロールスロイス・レイス」のランチ・フィルム - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧