アートとデザイン

[閲覧注意]理解を超えた天才がデザインしたエスプレッソ・メーカーがひどい


なぜそのような答えになったのか。世の中には私達が思いもしないような思考を経た結果、すさまじい解答を得てしまう人がいます。こちらのエスプレッソ・メーカーもとある天才がデザインしてしまったのか、大変イケナイ感じの形状になってしまいました。

1. ちっとも美味しそうじゃないデザイン。これはひどい。

エスプレッソが抽出される瞬間は、スローで見てみるとそれはそれは美味しそうなものなのですが、これはダメダメですね。

関連記事

エスプレッソマシンからシズル感満点なコーヒーが誕生する瞬間をハイスピード撮影でとらえた動画 - DNA

ポッド式コーヒーメーカーもICチップで「詰め替え・互換ポッド」を排除する方向へ - DNA

お値段47.30ドル(約4400円)、世界で一番高いスターバックスのドリンクを注文した猛者が登場 - DNA

難解なシアトル系コーヒーの名前を分かりやすく解説しているインフォグラッフィクス - DNA

蒸気機関の世界観が激しくマッチしたスチームパンク満載のコーヒー・カフェ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧