科学と技術

Google Glassで最強のスナイパーを作り出すTrackingPointの「Shot View App」の動画


SF映画ではヘッドマウントディスプレイを装着した兵士が色々な情報を受け取ったりするシーンがありますが、そんな時代は想像していたよりも早く、そしてものすごく洗練された形でやってきました。ヘッドマウントディスプレイとしては超小型のデバイス「Google Glass」と自動狙撃システム「TrackingPoint」を組み合わせた動画です。


TrackingPoint狙撃システム最大の特徴は、スコープからの映像をBluetoothやネットを通じて他のデバイスでも見られるということ。指揮官やアシスタントが見られるのはもちろん、Google Glassのようなデバイスを用いれば自分で見ることも可能です。

つまり本体を覗きこまなくても、スコープが何を狙っているのか見られるということ。窓から身を乗り出さなくても、このように隠れたまま狙いをつけることができるのです。

腰だめからでも正確に狙える

伏せ撃ちもできます。

銃にカメラを搭載し、さらにウェアラブルなディスプレイで様々な情報を付け加えた映像を見せる統合視覚は、近年の軍隊で盛んに研究されているもののひとつ。この映像を見るとその威力に納得できます。
TrackingPoint Labs – Shotview App & Wearable Technology – YouTube

関連記事

照準・射撃をデジタル支援する自動小銃用デバイス「TrackingPoint AR Series」が予約受け付け開始 - DNA

12歳の普通の少女がTrackingPointライフルで約900m先の狙撃に成功 - DNA

広大な射撃場を駆け抜けつつ自動照準ライフル「TrackingPoint」を撃ちまくっているプロモ動画 - DNA

サイバー兵士の時代、未経験者が「自動照準ライフル」で700メートル先の的をブチ抜く動画 - DNA

銃火器の老舗メーカー・レミントン社も「Remington2020」でデジタルガンスコープ市場に参入 - DNA

コンピューターで狙撃を支援する「自動照準ライフル」市場にトリジコン社も参入 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧