世界のびっくりニュース

1878年から2014年の特殊撮影の進化を3分でまとめた映像「The Evolution Of Visual Effects」


現実世界ではまず起こらないようなことをフィルムに焼き付ける特殊撮影技術は、空想を描き出す映画にとってなくてはならないもの。そのためごく初期から特撮技術は存在してきました。1878年から2014年まで非常に多くの手法が発明されてきたのが分かる動画です。


動画はこちらから。
The Evolution Of Visual Effects – YouTube

コマ撮りアニメーションやフィルムの切り貼り、直描きなど物理的にフィルムに手を加える加工から、最近のものになるにつれてデジタルで全部作ってしまうものが増えてきていました。2013年の「ゼロ・グラビティ」などはもう顔以外全部CGだったりと徹底的でしたね。

これだけすごいイメージを作り出されると、次のクリエイター達は大変です。見た目だけでなく立体ディスプレイなど見せ方の進化もどんどん進んでいきそうです。

関連記事

映画の特撮をやる会社でバースデーパーティーをやってはいけない - DNA

37年間の「アカデミー視覚効果賞」まとめ動画に特撮の進化の歴史を見る - DNA

中国の歴史ドラマにみる「超お手軽な特撮映像」の作り方がすごい - DNA

特撮ナシでここまでできる!テコンドーの妙技「空中回転4連キック」がすごい - DNA

自分の目が信じられなくなるくらい特撮てんこ盛りな映画の完成シーンと実際の撮影現場を比較した写真7パターン - DNA

有名映画の撮影の合間にこっそりと撮影されていた舞台裏の写真いろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧