アートとデザイン

アクション映画でよく見る「あるある」シーンの理想と現実を教えてくれる動画


アクション映画の中では、主人公はかっこよく銃を撃ち、ひらりとフェンスを乗り越え、目にも止まらぬ速さで車を避けるものですが……理想と現実は違うということがよく分かる動画です。


動画はこちらから。
Expectations vs. Reality: Action Movies – YouTube

爆弾なんかは確かに一気に全部切断してしまえばいいんではないか……と思うのですがそうでないところがまた面白いもの。日本のアニメのオープニングハリウッド映画のポスターもパターン化が進んでいますが、パターンでもなんでもいいものはいいものです。

関連記事

だいたいパターンは決まっているハリウッド映画のポスターのステレオタイプ14選 - DNA

「なんだ……アニメのOPってみんな同じじゃん」という検証動画が海外サイトで話題に - DNA

ジャンル別・映画の「あるあるパターン」のかわいいイラスト「Movie Recipes」 - DNA

カメラが大好きな人たちの「あるある」な迷惑行為をまとめた動画「DSLR GEAR NO IDEA」 - DNA

射撃場からライブ中継をするときによくあること - DNA

超有名ウェブサイトの昔と今のサイトデザイン比較16パターン - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧