科学と技術

金属の板からAK-47のマガジンが出来上がるまでを追いかけていく動画


複雑で長い時間がかかる加工作業を廃し、大量生産を目的とした世界最多の自動小銃、AK-47の弾倉が1枚の鉄板から作られるまでをひたすら追いかけていく動画です。


こちらの動画はボスニア・ヘルツェゴビナでAK-47のマガジンを生産しているマトラ社が公開しているもの。ごく小さな企業で弾倉だけを作り続けているそうです。

まずは板材からプレス機をつかって外形をうちぬいていきます。

別のプレス機を使って、補強用の波型をつける。とにかくプレス機があればひと通りの作業ができます。

左右1対を折り合わせたらゲージで寸法をチェック。

その他細かい部品もほとんどがプレス機を使って打ちぬかれます。

ひと通りの部品を付け終わったらマガジンの口のところを研磨仕上げ。銃と接する所はデリケートなのできちんと仕上げます。

スポット溶接。

最後にドボンと表面仕上げをして終わりです。

最終製品がこちら。先日紹介したライカの手生産デジタルカメラのような細かい仕上げ工程がないので、ものすごく無骨な仕上がりとなっています。

好きな人はこの荒い仕上がりがたまらない……といいますが……工程を追いかける動画はこちらから。
Building the AK-47 magazine – YouTube

関連記事

アメリカ軍、なぜかAK-47用弾倉を59万2千825個調達 - DNA

無限に弾を撃てるゲームキャラは、どんな荷物を背負っているのか分かる動画 - DNA

シュアファイア社の「アサルトライフル用100連マガジン」プロモーション動画 - DNA

ベトナム戦争時代に配布されたマンガ式「M16分解清掃マニュアル」 - DNA

AK-47アサルトライフルを最新のテクニックで使いこなす「Adaptive Kalash」予告編 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧