アートとデザイン

機械式腕時計の組み立て工程を撮影した機械美あふれる動画


ドイツの時計の聖地、グラスヒュッテに本社を構える「ノモス・グラスヒュッテ(NOMOS Glashütte)」の機械式腕時計を製造している工場の製作工程の一部始終を撮影した映像「Look over the watchmakers’ shoulders」です。精密工作機械と人間の精密な手作業で徐々に完成していく機械式腕時計の姿は見るものを飽きさせない独特の美しさがあります。

「ノモス・グラスヒュッテ」は、1992年とドイツやスイスの時計製作メーカとしては比較的新しいのですが、時計で最も重要なムーブメント(駆動装置)を自社開発・生産する「マニュファクチュール」であり、非常に高い技術力を誇っています。

動画はこちらから。
Look over the watchmakers’ shoulders – YouTube

機械式時計の内部は無数の歯車やゼンマイ、軸受けが繊細に組み合わさったひとつの宇宙。複雑なメカニズムはまさに芸術的な美しさをもっています。

関連記事

なぜ腕時計の広告の時針は10時10分を指しているのか - DNA

ロレックスの腕時計をレタッチして魅力を倍層させているタイムラプス動画 - DNA

サイバーだけどオールドスタイルに洗練されたスマートウオッチのコンセプト・デザイン - DNA

240年前にスイスの時計職人が作った文章を書く人造人間(オートマタ)「The Writer」 - DNA

イギリスの老舗服飾工場の何気ない一日を追いかけたドキュメンタリ映像 - DNA

「何かが変だ、みんなが仕事に遅刻しない」イタリアで時空の歪みが発生か - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧