世界のびっくりニュース

DV夫を囲み竹の棒で殴って女性を救うインドの女性NPO「グラビ・ギャング」


未だ男尊女卑の風潮が色濃く残るインド。薄紅のサリーをまとった女性達のNPO「グラビ・ギャング」は竹の棒による実力行使を含むあらゆる手段で、ドメスティック・バイオレンスに遭った女性の権利を守るNPOです。

「グラビ・ギャング」の始まり

「グラビ・ギャング」は、創始者のサンパット・パル・デビさんがとある夫婦喧嘩を止めに入ったところから始まります。サンパットさんは、妻を殴る夫をなんとかなだめようとしましたが聞き入れられず、彼女もまた暴力の犠牲になってしまいました。

そこで次の日サンパットさんは5人の仲間とともに竹の棒をもち、その夫の元に復讐に出かけていったのです。

うわさはうわさを呼び、サンパットさんのところには虐げられた女性からの通報が相次ぐようになりました。また各地からサンパットさんに賛同する女性が集まりました。活動は次第に大きくなり、ついに2006年サンパットさんは薄紅サリーを身にまとったギャング団「グラビ・ギャング」を組織することに決めたのです。

「グラビ・ギャング」の目標と背景事情

インドでは男尊女卑は未だ根強いものがあります。十分な教育を受けられないので、女性はなかなか自立することができません。基本的には「稼がない」と見られているので女児が生まれると屈辱的な名前をつける風習もあります。

また強力な一族社会・ムラ社会であり、本当に幼いうちの結婚の強制もよく見られます。イギリスなど海外の親戚から「嫁を取り寄せる」ということもよく行われており、人身売買的だとして批判の対象にもなっています。

こうした行為に対して意識の変化は見られているものの行政や警察の介入は難しく見て見ぬふりをされることがほとんど。「女性を搾取して当たり前」という風潮があるため、一致団結した上での実力行使など、過激な手段が必要なこともあります。

「グラビ・ギャング」はこうした現状において女性の権利保護と地位向上を目指すNPOです。最大の特徴は「実力行使を辞さない」というところ。家庭内暴力・モラルハラスメントをはたらく夫や父親、兄弟と女性の間にはいり仲裁を行います。

時には公衆の面前で批判・罵倒したりなど、積極的な介入を行い、それでも問題が改善しない場合は「ラティス」と呼ばれる竹の棒を使って武力を行使します。

もちろんこうした自警団的な取り組みだけが「グラビ・ギャング」の活動ではありません。自助組織として貧困にあえぐ女性への食料援助や、独自の寡婦年金の支給などひろく働きかけを行い、インド女性の地位向上と自立を助けています。

アル・ジャジーラによるドキュメンタリーはこちらから。2部構成です。
Witness Gulabi Gang 22 Oct Part 1 – YouTube

Witness Gulabi Gang 22 Oct Part 2 – YouTube

2014年3月には、彼女達をモデルにした映画「Gulaab Gang」も公開。インド映画界の2大スーパースター、ジューヒー・チャーウラー(「ラジュー出世する」など)とマドゥリ・ディクシットを主演にすえ、薄紅のギャング団の活躍を描きます。
Gulaab Gang – Official Trailer | Madhuri Dixit, Juhi Chawla – YouTube

日本にいるとあまり実感しませんが、世界には警察力や法律がほとんど意味をなさない地域がまだまだたくさんあります。そうした所ではなんとか力を合わせて災いを遠ざけなければなりません。「グラビ・ギャング」自分の力で自分を守ることができるかどうかというとても基本的な問いを、私達に思い出させてくれます。

ソース:Official Website of Sampat Pal Devi founder of the Gulabi Gang, Gulabi Gang, Sampat Pal, Women for Social Justice in Uttar Pradesh, India’s pink vigilante, Indian Rural Areas

関連記事

エラー率わずか0.00000625%、驚異のインド式昼食配達システム「ダッバーワーラー」 - DNA

インドやパキスタンの女性たちの手や足に施された非常に美しいボディー・ペインティング「メヘンディ(ヘンナタトゥー)」写真21枚 - DNA

インドの民族衣装で着飾った花嫁姿の美女写真18枚 - DNA

一撃必殺、世界最高齢の射撃選手はインドのチャンドロおばあちゃん - DNA

これは超熱狂、インド式に全身全霊で映画を楽しむ方法が理解できる動画 - DNA

インド版チャック・ノリス、悪漢をなぎ倒していくマッチョポリス映画の1シーンがすごい - DNA

インド庶民の年に一度のお楽しみ「移動映画館」が村にやって来る - DNA

インド建国を祝って、フィンランド航空の機内が「ボリウッド」状態に - DNA

「金で愛は買える」女性にモテるために1500万円分の金を使ったシャツを着こなすインドの富豪 - DNA

女性をじろじろ見る男はこう見えている……というインドのCM動画がすごい - DNA

マンション一棟丸ごと家族、39人の妻、94人の子ども、33人の孫と一緒に住むインド人男性 - DNA

ひどい名前をつけられた少女たち285人「改名式」で新しい名前を得る - DNA

レイプされそうになると電撃を放ち警察に通報する下着をインドの女性が開発 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧