世界のびっくりニュース

パキスタンで「ニューヨーク・タイムズ国際版」のトップ面が2/3ほど白紙で発行される


締め切りに間に合わせないと白紙の新聞が配達されるぞ!というのは定番の脅し文句ではありますが、パキスタンの「ニューヨーク・タイムズ国際版」の1面がとある事情によって2/3ほどが真っ白になってしまいした。


こちらが問題のパキスタン配信版「ニューヨーク・タイムズ国際版」

他の国ではこういう風に見えていました。

削除された記事は「What Pakistan Knew About Bin Laden」と題しアルカイダの指導者ビンラディンとパキスタン政府とのつながりを克明に調査した記事。ビンラディンほどの大物がこっそりパキスタンに潜伏していたこと、米軍がなぜパキスタンで暗殺作戦を実行できたかなど政府関係者の様々な不祥事や失敗が書かれており、パキスタン政府としては絶対見せたくなかったものと思われます。

でもこれだけハデに隠したら「マズいものを隠蔽してますよ」というのが丸分かりですよね。インターネット時代の検閲はなかなか難しいものがあるようです。

ソース:Pakistan erased an entire International New York Times cover story | The Verge

関連記事

「俳句」で「ニューヨークタイムズ」の記事を圧縮する試み「Times Haiku」 - DNA

ニューヨーク・タイムズのトップページを時系列順に1万2千枚並べたタイムラプス動画 - DNA

2つの「ビンラディン殺害作戦」映画:「Code Name: Geronimo」と「Zero Dark Thirty」が公開間近、予告編や画像いろいろ - DNA

ゾンビと化したオサマ・ビンラディンを再び葬るミッションを描く映画「Osombie」が資金提供の募集中 - DNA

「ビンラディン殺害作戦」で謎の「ステルス・ヘリコプター」が使われた可能性が浮上 - DNA

これは大人版キッザニア、「ビンラディン殺害作戦」を体験できるアトラクションが登場 - DNA

映画「ゼロ・ダーク・サーティ」レビュー~良心と義務感の危ういバランス - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧