世界のびっくりニュース

1948年から現在までに行方不明になった飛行機をまとめたインフォグラフィックス


どんなに航空技術が通信手段が発達しても、どこに行ったのかわからなくなって消えてしまう航空機は後を絶ちません。2014年3月のマレーシア航空370便失踪事件はいまだ解決を見せていませんが、世界には他にも多くの「消えた航空機」が存在しています。

第2次世界大戦後、1948年以降だけを見てもこれだけの航空機行方不明事件が発生しています。リンク先ではそれぞれの点にカーソルを合わせると、詳細を見ることができます。
Vanishing Planes Since 1948 – Bloomberg

カリブ海とベトナム沖で多くがいなくなっているのがわかるマップ。青の三角は失踪事件が多いと言われている魔の海域、バミューダ・トライアングル

行方不明となった中で最も多いのはDC-3。年平均にして1.2機、13人が行方不明となっているようです。そのうちバミューダ・トライアングルで消えたといわれているのが5機。66年には3機がベトナム沖で消息を絶っています。

ソース:Flight 370 Is Not The Only Flight To Disappear. Dozens of Planes Have Vanished Since 1948. | Distractify

関連記事

「ビンラディン殺害作戦」で謎の「ステルス・ヘリコプター」が使われた可能性が浮上 - DNA

大自然の中で朽ち果てるままの飛行機を撮影した写真プロジェクト「Happy End」 - DNA

旅客機の中で酔っ払って暴れるとこうなる - DNA

エリア51で働いてたけど何か質問ある? - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧