世界のびっくりニュース

火ダルマになってガケから飛び降りるベースジャンパーがすごい


「真の危険には真の防火服が必要だ」というコンセプトの防火服のコマーシャルのため真の危険、つまり火だるま崖ジャンプに挑戦している動画がこちら。どう考えても普通じゃない人というのは結構たくさんいるものですね。


動画はこちらから。ジャンプそのものも危険ですが、一番危険なのはパラシュートに火が燃え尽きること。防火服は炎に耐えられても、パラシュートが燃えてしまうと確実に命を失います。
The Devold Protection Challenge – YouTube

それにしても自分の体に火をつけたまま、超高層ビルからパラシュートなしで飛び降りる人とか、パラシュートを使わずスカイダイビングとか結構いるのですよね……職業として成立しているのが実に不思議です。

関連記事

パラシュートを使わないスカイダイビングにイギリスのスタントマンが成功 - DNA

自分の体に火をつけたまま、超高層ビルからパラシュートなしで飛び降りるエクストリーム過ぎるスタントの動画 - DNA

究極の飲み逃げ、243mの高さにある展望バーから4人組がパラシュートで逃走 - DNA

映画の中の飛び降り・落下シーンの70連発マッシュアップ動画「Gravity: A Falling Montage」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧