世界のびっくりニュース

AndroidとWindows Phoneの2つのOSを1台に搭載したスマートフォンがインドで発売


一口にスマートフォンといってもその中身はiOS、Android、Windows Phoneなどとそれぞれ違っており、操作感や使用できるアプリには微妙に違います。その中でもAndroidとWindows Phoneの2つのOSを1台で使用できるスマートフォンがインドのメーカーから発売になるそうです。


インドのKarbonn Mobiles社はマイクロソフト社と「Windows-based(Windows Phone?)」のスマートフォン製造に関する契約を締結しました。それとあわせてAndroidとの「dua-OS」スマートフォンを半年以内にリリースすると同社社長のSudhir Hasijaが発表しています。

Sudhir Hasija社長は「マイクロソフト社はレギュレーションを緩和し、そのプラットフォームを他のプレイヤーにも開放し始めた。我々は2日前に契約し、まず3ヶ月以内にWindows phoneをリリースする」とのこと。デュアルOSの機種は6月ごろになるだろうと語りました。新機種はビジネスや技術好きのユーザー向けたものになるということです。

またKarbonn社は台湾と韓国で生産を行っていますが、さらにインド国内に月産100万台程度の工場を設立するとのこと。コスト的には利点はないものの、新製品の開発と出荷サイクルを速めることができるとしています。

「dual-OS」というのが1台に2つのOSが乗った機種のことなのか、それとも同一ハードで違うOSの2機種を発売することを意味しているのかがやや曖昧です。前者とすれば2OS間でのユーザーデータの共有などはどういう風に行われるのか、ちょっと面白いことになりそうです。

ソース:Karbonn to launch Android-cum-Windows smartphones – The Times of India

関連記事

Android端末とiOS端末、すぐに型落ちになるのはどちらのスマートフォンか - DNA

Android端末の種類が多すぎて開発者がパニックになりかけているのがよく分かるデータ - DNA

Magpul社、AndroidスマホやiPad mini向けにも樹脂製ケース「Field Case」を展開 - DNA

極限のタフさ・頑丈さを追求したAndroid 4.0スマートフォン「Runbo X3」が発売 - DNA

iPhone vs Android vs Blackberryユーザーを偏見に満ちすぎた目でイラストにするとこうなる - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧