世界のびっくりニュース

瀬戸内海の「ウサギ島」でウサギの大群に追いかけられる動画


瀬戸内海、広島の沖合い3キロに浮かぶ大久野島では戦後放されたウサギが繁殖を続け、いまでは多くの人が訪れる「ウサギの楽園」となっています。


動画はこちらから。
Rabbit Stampede! – YouTube

大久野島は第一次世界大戦後から軍の毒ガス製造施設がおかれた「地図から消された島」。第二次世界大戦中は中国大陸での戦闘に向けた製造が行われ、その過程で島民に健康被害を与えてきたなど負の遺産が残る島でもあります。

70年代、島外の小学校で飼育されたウサギが放たれ野生化。現在では約300羽のウサギが島に住み、年間10万人の観光客が訪れる「ウサギの楽園」となっています。

関連記事

2匹のうさぎがひたすら馬跳びっぽい遊びを繰り返すシュールな光景の動画 - DNA

あまりにも気持ちよさそうに入浴しているウサギの映像 - DNA

[閲覧注意]さくらんぼとウサギを足すと、さて、どうなるでしょう? - DNA

重さ約23㎏、世界最大のウサギをペットにする少女 - DNA

体格の差もなんのその、ヤギと対等に戦うウサギの動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧