世界のびっくりニュース

「ネコに絵本を読んであげるプログラム」に参加するかわいい子ども達とかわいいネコ達


アメリカの小学校では学校の宿題として、両親の前で絵本を音読することがあります。こうして読書の習慣を身につけていくのですが、アメリカのとあるアニマルシェルターでは「聞き手」として収容されているネコが大活躍しているそうです。


アメリカ東部・ペンシルバニア州バークス郡の民営アニマルシェルターAnimal Rescue Leagueでは、子どもたちの読書バディ(Reading Buddy)としてネコ達に活躍してもらっているそうです。

読書バディ(Reading Buddy)はクラスの子ども達どうしで組むこともありますが、シェルターのネコ達が出てくるのにはきちんとした理由があります。

いくらエラそうなネコといえどもやっぱりシェルターでの生活は不安なよう。ネコにとっても子どもたちの読み聞かせの声の音やリズムは「癒し」になっているそうです。

「おう早く読めや」と詰め寄るネコ

すっごい仲良し。

チンチラ(ネズミの仲間)写真集を覗き込むネコ。うまそうなのか。

でも基本飽き性なのでウロウロします。

すごく読めない

退屈してきました。

こちらの男の子は、いろいろな理由でケージから出せない猫のために本を読み聞かせてあげたい、と言ってきかなかったそうです。猫はとっても優しい動物ですが、こちらもハードボイルドで優しい男です。

ソース:Berks ARL children Reading | farm, strausstown | microchip, Birdsboro

関連記事

猫が優しい心を持っていることがよく分かる写真いろいろ - DNA

ネコと一緒に心ゆくまで遊べる「ネコ用モグラたたきセット」発売 - DNA

ネコと人間が「ハイファイブ」を決めているコンピレーション動画 - DNA

お姉さんにかまってほしくて「とんとん」し続ける猫の動画 - DNA

ネコが世界に対して怒りを感じる23の問題 - DNA

「ご飯足りません」ベルを鳴らして人を呼びつけるあつかましいネコの動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧