アートとデザイン

共産主義崩壊後、旧ソ連各地にシンボルとして建てられた非常に違和感のある豪奢な建築物の写真集「Imperial Pomp」


共産主義国家だった旧ソ連が崩壊し民主化されたロシアや旧ソ連の国家の各地に、新しく始まる民主主義のシンボルとして築かれた非常に豪奢な建築物の写真集「Imperial Pomp」です。約2万4000kmを車で旅して撮影されたこの作品、街の雰囲気とは相容れない非常に奇妙で旧共産主義国家っぽい景色が収められています。

ソ連崩壊後の1998年から現在に至るまで、共産主義時代のルールを元にした政策として、首都モスクワから中国国境に近い辺境地域の街を含むロシアの多くの地域が新しい時代を象徴する豪華な建築物を建てています。

1. グランド・パークタワー(ロシア・モスクワ)

2. 交通警察本部(ロシア・タタールスタン共和国・カザン)

3. マーキュリー・シティー・タワー(ロシア・モスクワ)

4. トリンプ・アスタナ(カザフスタン・アスタナ)

5. アスタナの官庁(カザフスタン・アスタナ)

6. ハーン・シャティール・モール(カザフスタン・アスタナ)
世界最大の張力構造建築物で、ショッピングモールとして利用されています。

7. lazurny kvartal(カザフスタン・アスタナ)

8. Aliye Parusa towers(ロシア・モスクワ)

9. ツェッペリン(ロシア・モスクワ)

10. Parus building(ロシア・モスクワ)

11. Samarian Flatiron(ロシア・サマーラ)

12. チェリャビンスク・シティー(ロシア・チェリャビンスク)

これらの写真はドイツの写真家 Frank Herfort 氏の作品です。

ソース:Frank Herfort Photography – Photographer Moscow and Berlin

関連記事

ビジネスは戦争だ、オフィス用「旧ソ連のプロパガンダ」風ポスター - DNA

旧ソ連軍やドイツ軍の機雷を再利用した無骨な家具シリーズ「MINE FURNITURE」 - DNA

イカつさ満点、旧ソ連の軍用コンピュータで使用されていたメモリキューブがオークションに登場 - DNA

旧ソ連も目をつけた、アメリカ合衆国国防総省ペンタゴンの中庭にある「ある建物」の意外?な正体 - DNA

[閲覧注意]犬の頭脳に機械の体……ソ連が開発していた謎の「バイオロイド」の資料 - DNA

滅びの美しさ、混沌の中にあった90年代のソビエト連邦の画像 - DNA

夢と希望にあふれた50~60年代のソ連の宇宙開発プロパガンダポスター33枚 - DNA

ソ連で資本主義の象徴「コカ・コーラ」を飲むのは非常に大変だった - DNA

伝統的な民族衣装に身を包んだ美しい東欧・スラブ人女性たちの写真いろいろ - DNA

アルバニアの「宣誓処女」たちの写真を記録するプロジェクト「Sworn Virgins of Albania」 - DNA

独特のレトロ感と魅力的なデザイン、東欧・ポーランド製のビンテージ石鹸包装紙10枚 - DNA

ブルガリアの首都ソフィア名物、「よっこらしょ」とかがまないとものが買えない地下室のお店「klek shop」 - DNA

廃墟と化している旧ユーゴスラビア時代のサラエボ・冬季オリンピック会場跡 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧