世界のびっくりニュース

絶滅した古代生物から現代の動物まで地球上の巨大生物10選


かつて地球上に存在し現在は絶滅してしまっている古代生物から現代でも生き延びている動物など最も巨大な生物10種の紹介です。ゾウやキリンよりも遥かに大きかった古代の哺乳類や大空を覆ってしまうような巨大翼竜など想像を掻き立てる巨大な生物大集合です。

脅威の生命力で悠久の時間を生き抜いたスーパー長生きな生物22種」も驚嘆してしまう生物でしたが、想像を越えた大きさの生物もまたとんでもないことになっています。

最も巨大な昆虫

メガネウラ:Meganeura(ゴキブリトンボとも)は、約3億年前の森などに生息していた原始的なトンボの一種。空を飛べる節足動物(飛翔性節足動物)また昆虫として現在確認されている限り最大の種と考えられています。
1.

羽根を伸ばした時の大きさは約75cm、重さは約150gだったようです。
2.

3.

最も巨大な節足動物

アースロプレウラ:Arthropleura は、3億4000万年〜2億8000年前の森林に生息していたムカデやヤスデに近いと考えられている植物食の節足動物。
4.

全長は約2.5m、重さは500kgはあったと考えられています。
5.

6.

同じくらいの大きさを誇ったもう一種の節足動物はウミサソリ。ウミサソリは、3億9000万年前の浅い海やラグーンに生息(一部は陸上にも出ることが可能だった)しており、カブトガニ類に近い生物と考えられています。
7.

全長は約2.5m、重さは30kg。アースロプレウラとサイズ自体はほぼ同じくらいなのですが重さについてはが全く違っていました。
8.

9.

最も巨大なヘビ

ティタノボア:itanoboa は、約6000万年前に存在していたヘビ。
10.

背骨部分の化石から全長15m、直径1m、体重は1トンと考えられています。
11.

12.

7.最も巨大な肉食動物

スピノサウルス:Spinosaurus は、約1億年前の地球に生息していた大型肉食恐竜。背中には名称の元ともなっている1.8メmもある大きな棘(トゲ)突起があり船の帆のような形を作りラジエターの役割をしていました。アフリカのエジプトやニジェールから化石が発見されています。
13.

ティラノサウルスよりも大きな体格をしており体格は全長18m、重さ9トンと推定されています。
14.

15.

最も巨大な軟骨魚類

約2800万年前から150万年前の海に存在していたメガロドン:megalodon は、全身の骨格が軟骨で出来ているサメやエイ等の軟骨魚類で最も巨大な種と考えられています。軟骨魚類は歯しか化石として残らないため歯のサイズで体のサイズが推定されています。また、目撃談等たびたび生存説がささやかれていますが、実際にはどうなのでしょうか。
16.

全長20m、体重103トン。現生最大の魚・ジンベイザメ(最大13.7m)よりも一回り大きいまたはほぼ同じサイズです。
17.

18.

最も巨大な硬骨魚類

リードシクティス・プロブレマティカス:Leedsichthys Problematicus は、約1億7000万年前の海に存在していた魚。その名が示す通り発見された化石の巨大さが想像するにも問題が生ずるほどだった。
19.

全長21m、体重50トンとされています。
20.

21.

もっとも巨大な陸上の哺乳類

パラケラテリウム:Praceratheriumは、3700万年から2300万年前のユーラシア大陸全般に生息していた史上最大の哺乳類。サイの仲間であるが角は無く首や足が比較的長い体型をしておりキリンのように高い木の葉を食べていたと想像されています。
22.

高さ8m、体重30トン。絶命しているゾウの仲間で最も巨大だったデイノテリウムよりも大きいとされています。
23.

24.

最も巨大な空を飛ぶ動物

ケツァルコアトルス:Quetzalcoatlus は、 6500万年前の北アメリカ大陸に生息していた翼竜。現在ではアランボウルギアニアやハツェゴプテリクス等、ほぼ同じ大きさの複数の巨大翼竜が続々と発見されています。
25.

翼を広げた時の大きさ15.9m、体重250kg、地上での高さ6m。地上でもキリン(5.3m)並みの大きさでした。
26.

27.

28.

最も巨大な哺乳類

現在でも生存しているシロナガスクジラ : blue whale は、恐竜などのかつて地球上に存在した動物も含む全ての動物の中で最も巨大な動物です。一時は乱獲により個体数が大幅に現象していましたが、現在は世界的な保護の成果もあり徐々にですが回復しつつあるようです。
29.

全長30m、重さ180kg。
30.

31.

最も巨大な陸上の動物

アンフィコエリアス・フラギリムス :Amphicoelias fragillimus は、1億5000万年前に生息していたとされる恐竜。アメリカの古生物学者エドワード・ドリンカー・コープ氏に発見された2mもある脊髄骨より体長60mと推測されていますが、現在は紛失しておりコープ自身による写生のみが残っているのみとなっています。そのため、アンフィコエリアス・フラギリムスの存在を示す確かなものが無く存在自体が怪しまれている状態にあります。

なお、現在知られている最大級の恐竜はマメンチサウルス(35m)、ディプロドクス(33m)、スーパーサウルス(33m)などがいます。

全長58m、体重122トンと推定されているアンフィコエリアス・フラギリムス。
32.

33.

34.

動画はこちらから。
World’s 10 Biggest Animals of All Time [NEW VERSION] – YouTube

化石から推定された巨大な古代生物たちの大きさはもう想像の外です。またかつて地球上に生息していた奇妙な古代生物のカラー復元イラストも想像を掻き立てくれますよ。

関連記事

生物学者エルンスト・ヘッケルが100年以上前に描いた芸術的に美しい生物イラスト集「Kunstformen der Natur」 - DNA

犬の鼻をアップにするとなぞの生物らしきものが現れる - DNA

動物と機械を融合させると、こんなにもクールになることが分かる画像38枚 - DNA

ミクロの生き物達、光学顕微鏡撮影コンテスト「BioScapes International Digital Imaging Competition」の出展写真20枚 - DNA

独自の進化を遂げた野生動物の能力を思いっきりデフォルメした写真30枚 - DNA

アフリカ・サファリの違法な密猟を阻止するべく進化したメカニカルな大型動物のイラストシリーズ「Big Five」 - DNA

絶滅してしまったと考えられている12種の鳥の貴重な写真 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧