世界のびっくりニュース

これはひどい……アメリカの超高額医療費の請求書いろいろ


日本では全国民が健康保険への加入する義務があり、色々と手厚い補助もあるので恐ろしいまでの請求額を見ることはあまりありません。しかしアメリカではたとえちょっとした診察だけでも、こんな超高額の請求書が当たり前のように送られてきます。


以下、2014年1月22日の1ドル=104円のレートに換算してお届けします。

1. 「保険に入ってれば大丈夫!」ではなく、保険適用外の治療内容は請求されます。その額約2億5200万円。

2. 手術以外の入院費や検査費で約1千万円。

3. 腹痛でお医者さんにいったらモルヒネと胃薬と各種検査で130万円。

4. 手術と入院で最終的な請求が約1300万円。

5. 病名はちょっと分かりませんが子どもの入院費用、2か月で約4200万円。

6. 救急車で緊急病棟に運ばれ、2日間滞在して約122万円。

7. こちらも手術入院のようですね。約1404万円の請求。

8. 子どもの出産、2週間の新生児室利用で約651万円の請求。そこから非保険加入者向けの控除などもろもろ加味して約518万円の請求。

9. 盲腸の手術で約382万円の請求。

10. 交通事故の入院費用が約630万円。車などの修理費はこれとは別にかかります。

11. くるぶしの骨折で約840万円。これに麻酔費用や救急車代、術後検査などが加わるそう。

12. アレルギーの発作で投薬治療を受けて約45分滞在。請求600万円で保険もろもろ適用で3万円の支払い。

13. なお、カナダの出産費用は保険を適用して160カナダドル(約1万5千円)まで下がるようです。

14. 骨折の入院でしょうか。約490万円の請求

15. 保険なしでバイク事故を起こした人への請求。4日入院で約1300万円。

マイケル・ムーア監督のドキュメンタリー「シッコ」では、なんのかんの理由をつけて保険金を払おうとしないアメリカの保険会社の体質を徹底的に批判していました。こんな高額の請求がまかり通るような国ならではの映画です。

ソース:US Medical Bills ~ Damn Cool Pictures

関連記事

「こいつが入院中のバアちゃんから離れようとしないんだ」という1枚の写真が話題に - DNA

入院している子ども達に「窓掃除スパイダーマン」が大人気 - DNA

仁義なき戦い、近所の野良猫を取り合う抗争で5人が入院 - DNA

悪夢に出てきそうな歯学部の実習室の画像 - DNA

「ムネを大きくしたいの!」女性が道端で豊胸手術へのカンパを呼び掛ける動画 - DNA

往年の名女優、ジュリー・アンドリュースの声を救った「人工声帯」 - DNA

[閲覧注意]極限までリアルに作られた「プロ用人体模型」が肉色ホラーで怖い - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧