アートとデザイン

ロレックスの腕時計をレタッチして魅力を倍層させているタイムラプス動画


写真掲載スペースに制限のないWebページが普及した今、セールスには美しい写真が絶対に欠かせません。普通に撮影しただけでは撮り切れない魅力の部分を、徹底的なレタッチで引き出している動画です。

レタッチ前がこちらの画像。中判のデジタルカメラで撮影された高解像度画像。きちんとライティングされたデキのいい画像ですがここから怒涛のレタッチを加え魅力をマシマシにしていきます。

レタッチ風景のタイムラプス動画はこちらから。最初のほうは徹底的に輪郭線を描き、その後色補正やコントラストの強調、その他細かい修正を行っていきます。
Speed Retouching Rolex Daytona Platinum – YouTube

というわけで完成画像はこちら。背景が明るくメタルベルトのシャドウが濃くなってメリハリがつきました。ベゼルの色も強調され、ハイライト部分がぐっと明るくなっています。

カメラでは物理的に撮影できない修正をいれていくのがレタッチ作業。元の素材を完璧に撮影できる腕のいいカメラマンは、やはりまだ必要なのかなと思います。

関連記事

ごく普通のお姉さんが1分間のレタッチで驚愕のビキニモデルに変身する動画 - DNA

フォトショップがあれば何でも出来る、ビキニモデルからサンタクロースへ大変身している動画 - DNA

フォトショップ使い過ぎ、シリア紛争を報道する新聞写真の「修正」がひどすぎる - DNA

ボロボロのモノクロ写真をきれいなカラー写真にレストアしているタイムラプス動画 - DNA

「現実世界でフォトショップが使えたらな……」とつい思ってしまう瞬間の画像10枚 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧