世界のびっくりニュース

「冷蔵庫」を改造したボートで海に出るハリケーンですべてを失ったフィリピンの漁師達


2013年にあらゆるインフラをもぎ取っていった「ハイヤン」タイフーンが直撃したフィリピン。何もかもを失った彼らですが、それでも「できることをしよう」と冷蔵庫を改造したボートで海にでています。


「ハイヤン」タイフーンは11月8日にフィリピンに上陸。勢力をまったく島中心部を横断していきました。その最大瞬間風速105メートル。同国では総人口の1割に当たる約1000万人が被災し、約6千人が命を落としたといいます。

1.

2.

タナウアンの村の被害も甚大。52歳の漁師のジミー・オバルドさんは家も船もなくしてしまいましたが、そばに落ちていた冷蔵庫のボートで海に出ることを思いつきました。

3.

4.

5.

6.

7.

さすがに捕った魚を売って商売にするほどにはならないのですが、それでも1日の食糧にしたりはできるよう。なによりも「とにかくできることをやってみよう」というアイディアとバイタリティに、深い尊敬を覚えます。人間は強いものですね。

8.

9.

10.

ソース:The Time Of Refrigerator Boats | Vulkom

関連記事

スリランカの漁師たちの職人的な「竹うま漁法」の画像 - DNA

[閲覧注意]アフリカで行なわれている、命知らずな捕鯨の様子 - DNA

数千もの人々が30分間で湖の魚を根こそぎ取り尽くすドゴン族の神聖な儀式の大迫力映像 - DNA

漁網から魚を吸い出して食べているジンベエザメの動画 - DNA

これはナンセンス、Uボートのセイルだけを再現した足こぎボート「U-POOLY」 - DNA

南米・アマゾン川をゆったりと探検できる5つ星クルーズボート - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧