アートとデザイン

スター・ウォーズの多脚戦車「AT-AT」は特撮担当者の魂を削ってアニメーションしていた


3DCGによる合成がまだ一般的ではない頃、怪物やロボットを画面の中で動かすには1秒24コマのコマ撮りアニメーションを1コマずつ制作するしかありませんでした。ミニチュアの足を数ミリずつ動かしては撮り動かしては撮るという、魂が削れてなくなってしまいそうな作業をタイムラプスで捉えた動画です。


動画はこちらから。
The Empire Strikes Back Featurette: How Walkers Walk with Dennis Muren – YouTube

動画の終わりまで見ても、ほとんどAT-ATが移動していないのがこの先の作業の長さを思わせますね。映画では結構ずしんずしん動いていたのですが……

関連記事

CG不使用・全部DIYでスター・ウォーズ第1作のラストシーン、あの「トレンチ・ラン」を完全再現した比較動画 - DNA

「スター・ウォーズ」の俳優たちの当時と現在を比較した写真いろいろ - DNA

スター・ウォーズの「帝国のマーチ」をベートーヴェン風にアレンジして即興演奏するすごい音大教授の動画 - DNA

すさまじき自主制作、80年代アニメ風「スター・ウォーズ」の動画がすごい - DNA

映画「スター・ウォーズ」制作の合間に撮影されたとてもレアな写真20枚 - DNA

8mmフィルムで撮影された「スター・ウォーズ ジェダイの帰還」約7分半のドキュメンタリー動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧