世界のびっくりニュース

ランボルギーニ・ガヤルドの後継モデル「Huracán(ウラカン)」がまもなくデビュー


1963年の創業以来、ランボルギーニで最も売れた「ガヤルド」が生産台数1万4022台で先日販売意終了となりましたが、その意志を受け継ぐ後継モデルとして「ウラカン LP610-4」がランボルギーニ社より公式発表されました。

最高速度時速325km、 0~100km/hは3.2秒、0~100km/hは9.9秒という加速性能。

1.

610馬力を出力するV型10気筒5200ccのエンジンを搭載し、乾燥重量1,422kgのまさしくスーパーカー

2.

ウラカン(Huracán)もまたかつて活躍した闘牛から付けられています。

3.

正式な発表は2014年3月に開催予定のジュネーブ・モーターショーにて行われる予定です。

4.

5.

6.

7.

8.

そして気になる価格についてですが、ランボルギーニ社からはまだ正式発表はされていませんが、ガヤルドとほぼ同じ1900万円〜2500万円くらいと予想されています。

ちなみにランボルギーニ・ウラカンのエンジン音はこんな感じです。
Lamborghini Huracan Sound – first video shot – YouTube

ソース:Lamborghini Huracán LP 610-4

Lamborghini Huracán unveiled – Telegraph

Lambo’s New 610-Horsepower Bull – In Photos: World Debut: The Lamborghini Huracan LP 610-4 – Forbes

関連記事

すべてを独り占め、一人乗りの超スーパーカー「ランボルギーニ・エゴイスタ(Lamborghini Egoista)」の画像と動画いろいろ - DNA

お値段3.6億円、限定3台生産のランボルギーニ新型モデル「VENENO(ヴェネーノ)」がジュネーヴでデビュー - DNA

ついに新型ランボルギーニ「Sesto Elemento」が登場 - DNA

ランボルギーニ最新最強のスーパーカー「アヴェンタドール LP 700-4(Lamborghini Aventador)」が誕生するまでの動画 - DNA

まったくの白紙状態から最新技術を投入して開発されたランボルギーニの新12気筒エンジンが登場 - DNA

ランボルギーニの暴力的なV12エンジンにスワップされた「フィアット・500」の画像と動画 - DNA

お値段3000万円のランボルギーニが泥だらけのデコボコ山道をドリフト全開で爆走している動画 - DNA

超高性能車「ランボルギーニ・アヴェンタドール」の最も正しい使い方 - DNA

超簡単!ランボルギーニ・アヴェンタドールを使ってバーベキューをする方法 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧