世界のびっくりニュース

くわえタバコでガソリンを盗もうとした泥棒が火だるまになる事件が発生


最近の窃盗犯はそれなりに高度になってきている……はずなのですが「ガソリンに火を近づけてはいけない」という基礎中の基礎を忘れてしまったため、夜の駐車場を明るく照らしてしまった泥棒が逮捕されました。


事件があったのはオーストラリアのとある駐車場。車の側面からタンクに穴をあけ、ガソリンを吸い出している最中にタバコに火をつけてしまったため、揮発したガソリンが爆発。火だるまになった男は直後に放火と窃盗の罪で逮捕されました。他の車や壁なども燃えてしまい、被害総額は10万ドル(約1000万円)にのぼるということです。

動画はこちらから。
[FULL] Man Trying To Steal Fuel, Sets Himself On Fire When Lighting A Cigarette In Australia – YouTube

なお、南アフリカには窃盗犯を積極的に燃やしにいくセキュリティ用火炎放射器などを搭載した自動車があるようです。
Anti-carjacking device – YouTube

ソース:Man accidentally sets cars on fire while having a smoke while allegedly stealing petrol, causing $100,000 damage | The Advertiser

関連記事

ガソリンタンクの中をライターの明かりでチェックして大惨事になる動画 - DNA

自分の車の左右どちらに給油口があるのか一発で知る方法 - DNA

消火訓練用の水にジェット燃料が混入、あわや大惨事に - DNA

驚愕のオチが待ち受ける「ハーレム・シェイク」の動画 - DNA

マッチを近づけると燃える水が出てくる不思議な蛇口の動画 - DNA

過激派御用達「火炎瓶」の威力がとてもよく分かるハイスピード撮影動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧