世界のびっくりニュース

お尻のポケットにiPhoneを入れて持ち歩いてはいけない


たびたび特殊環境における物理的な脆弱性が話題となり世間を騒がせているアップル社の携帯電話「iPhone」シリーズですが、お尻のポケットに入れて持ち歩くのも結構危険。予期せずとんでもないことになってしまうようです。

自分の体重等の圧力でケースとパネルがはがれ、大きく反ってしまい使用不可となってしまうことがあります。使って使えないことはことはないギリギリのものもあるにはありますが……

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

11.

ちなみに「厚さ1インチのiPhone用装甲ケース」等の頑丈なケースを装着すれば安心してiPhoneをお尻のポケットに入れることが出来ると思いますが、快適かどうかは自己判断でお願いします。

もちろんiPhoneに限らず、電子機器をお尻のポケットに入れて日常生活を送ると変形してしまう可能性があるで気をつけてください。バッテリーが燃え出す、という事故もあり小さいからといって油断はできません。

ソース:Reasons Not to Carry Your iPhone in Your Back Pocket (11 pics) – Izismile.com

関連記事

マグプル社のiPhone5ケース「Magpul Field Case」がさらに新色展開 - DNA

iPhoneをハッセルブラッドのデジタルバックにするガジェット「Hasselnuts」 - DNA

ネコの肉球でもiPhone 5Sの指紋認証「Touch ID」に使えることが分かる映像 - DNA

ここまで長い「iPhone 5」ならもっと欲しくなっていたかも……と思わせるパロディCM動画 - DNA

驚異の進化、歴代の「iPhoneカメラ」全6機種の画質を徹底比較 - DNA

iPhone 5の「50口径のライフル弾に対する脆弱性」はどれくらい改善したのかが分かる動画 - DNA

iPhoneに一眼レフのレンズを装着できるマウントが登場 - DNA

あなたのiPhoneをバブリーな80年代仕様にしてしまうケース「80s Retro iPhone Case」 - DNA

iPhone 5sと5c、超強力ミキサーに耐えられるのはどっち?という「Will it Blend?」テスト対決の動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧