世界のびっくりニュース

「匂い公害」判定士が使う匂い収集機「Nasal Ranger」がかっこいい


プロのための道具は、一見何に使うのかよく分からないものがたくさんありますが、匂い公害を判定する人たちが使うこの「Nasal Ranger」はなんともいえない迫力にあふれています。


コロラド州では嗜好品として大麻の使用が認められ、さらに大麻販売の売り上げに課税する動きもあるのですが、畑や煙からの「匂い」が郊外として問題となっています。

隣人のピザ焼き窯や下水、ゴミ処理場など「匂い」の公害は後を絶ちません。「匂い」の検出を定量的にやるのはなかなか難しいのですが、保健当局では訓練された匂い判定士が「Nasal Ranger」と呼ばれるこの器具を使って判断を行います。

Nasal Rangerの内部図解。上下の炭素フィルターからは無臭の空気が、前面からは有臭の空気が入ってきます。前面のダイヤルを絞ると、有臭の空気の割合が減っていくしくみ。無臭:有臭=7:1で匂いを感じられるかどうかが基準となっているそうです。

動画はこちらから。
▶ Nasal Ranger sniffs out marijuana odors – YouTube

20世紀初めごろに使われていた「聴音レーダー」を思い出しますね。超巨大集音器で敵の飛行機の音をキャッチするというもの。写真は1921年、アメリカ・フォートマクナールの陸軍大学前に設置されたものです。

ソース:When pot smells in Denver, the Nasal Ranger goes in to investigate – The Denver Post

関連記事

ものすごい方法で天然ガスを持ち運ぶ中国の村人たち - DNA

大麻(マリファナ)の地域別末端価格がよくわかるGoogleマップ - DNA

あるアーティストが様々なドラッグをオーバードーズして描いた自画像いろいろ - DNA

[閲覧注意]麻薬を体内に隠して密輸しようとした男のX線写真がすごい - DNA

麻薬の恐怖がよく分かる、上半身半分を麻薬常習者風に特殊メイクした写真集「Half」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧