科学と技術

「究極のオレ用ゲームコントローラー」を作るためのキット「VERVE」に出資募集中


世の中にはこんなにもたくさんのゲームがあるのに、コントローラーの種類はそれほど多くはありません。自分自身が満足できる、究極のコントローラーを自作したいんだ!という人はこういうキットで一度試作してみるのはどうでhそうか。


「VERVE」は圧力、ボタン、光、動き、磁力、タッチ、回転の7種類のセンサと受信ユニットを1セットにしたもの。

こうしたセンサは電子部品としてはよく見かけますが、PCとより簡単に接続できるようになっていて、各種コントローラーにしたり動きを検知するアート作品などに簡単に応用できるようになっています。

使い方は非常に簡単。

センサーにキーボード、あるいはマウスの軸をアサインして……

あまり敏感でも使いにくいのでしきい値を決めます。

センサーが反応するとアサインしたキーが押されたのと同じ入力になります。

圧力センサを使ったパチンコで「Angry Bird」を遊ぶ人。いろいろな応用例が紹介されています。

タッチセンサは電流が流れればOKなので、このように巨大なボタンにすることもできます。

Kickstarterでは2万ドル(約200万円)の募集のところに、すでに2万5千ドル以上の応募がある人気プロジェクトになりました。実際に触って動かして遊べるハードウェアは楽しいものですが、電子工作はちょっと苦手……という人も多いはず。最近はArduinoなど気軽にハックできるハードウェアも出てきており、こういうキットがもっと普及すると面白いことになりそうです。

ソース:VERVE: Plug the world into your computer by inXus interactive — Kickstarter

関連記事

Steamの最新型ゲームパッド「Steam Controller」がかなりすごいらしい - DNA

最高に気持ちが高まるロボットゲーム用の巨大コントローラーがE3に出展中 - DNA

2人プレイ専用、舌を使って操作する「キス・コントローラー」 - DNA

爆発的に普及したモーションコントローラー「Kinect」を使った作品のマッシュアップ動画 - DNA

「Angry Bird」専用のパチンコ型USBコントローラ「Super Angry Birds」 - DNA

リアルな射撃ゲームをプレイすると実銃の腕前も上がることが判明 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧